【永守重信】一流大学卒も、二流大学卒も、全員「役立たず」だ

2019/4/7
「今の大学は、社会に役立たない人間ばかり出している」
新年度が始まって早々、そう喝破する人物がいる。敏腕経営者として知られる、総合モーター大手・日本電産の永守重信会長だ。
1973年の創業以来、同社を率いてきた永守氏は、2018年に社長の座を譲るとともに、「教育改革」という新たな分野に足を踏み入れた。
日本電産の地元にある京都先端科学大学(旧称:京都学園大学)の理事長に就任。NewsPicks編集部は、同大学の入学式を取材。
100億円以上の私財を投じ、大学改革に乗り出した永守氏が、入学式で新入生に向けた「激励」をお届けする。
時価総額4兆円超えの企業を一代で築いた永守氏が今、求める人材とは。
私は、強い怒りを持っている