新着Pick
21Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は82円高で3日続伸し、1カ月ぶりの高値となっています。
米国株がNYダウで166ドル高と続伸、トランプ大統領が米中首脳会談が今後4週間で分かると発言、米中合意期待が高まりました。
今朝の東京市場も小高く始り、底堅く推移しました。
今週は前日までに500円強戻った週末であり、米雇用統計も今晩に控えることで上値を取る弾みは付きにくかったと観られ、売買も低調(売買代金2兆円割れ)でしたが、それでもジリ高を辿り、後場には21800円台に突っかけました。
半導体関連やロボットの値戻しが継続しました。
週を通せば601円高で急反発、週初の新元号「令和」の発表で新時代への期待が広がった上、消費増税延長&衆参同時選挙可能性憶測もあったり、米中経済統計の改善と合意接近期待から堅調となりました。
来週は国内では機械受注・工作機械受注、ユニクロや安川の決算、週末がマイナーSQ、中国のCPIや貿易収支も出て来ますが、週末12日はブレグジットの期限でもあります。
22000円に突っ掛けるキッカケ探しとなりそうです。
日経平均+0.38%、TOPIX+0.35%、マザーズ+0.67%、REIT-0.05%。
為替サポートもあり、じわじわ上昇継続。業種ではプラスが海運+2.17%、金属製品+1.54%、繊維製品+1.38%、その他製品+1.16%、空運+1.13%など。マイナスは水産農林ー1.50%、小売-0.69%、その他金融ー0.66%、食料品ー0.65%、不動産ー0.32%などでディフェンシブから少しリスクオンにお金が戻る傾向が続いている印象。
個別では楽天+6.64%(要因はよくわからない、Lyftの株価は昨日+3%弱ではあったが…)、川崎汽船+6.58%、あとは電子部品・電機系で日東電工+5.00%、ソニー+3.30%、SUMCO+3.13%、太陽誘電+3.02%などが目立つ。マイナスでは昨日決算だった7&i-3.27%、あとはユニーファミマー2.73%。
今週もお疲れさまでした!
サムネイルの桜の花が良いですねー^_^
米中合意になれば良いですが…
4週間以内に結果がわかるらしいですね。
米国株式市場では、昨年10月につけた26,800越えに肉薄しており、ここが精神的なシーリングポイント。懸念材料は多く、一筋縄で右上がりにはならないでしょう。
日経平均株価は続伸、TOPIXは反発と本日は揃って上昇。前日の米国株はナスが小幅な下落だったものの、全体としては概ね堅調、本日は中国株は休場。ドル円は111円後半の推移でしっかり。ただ、日経平均株価は年初来高値までらあと20円強まで迫りましたが、跳ね返されてしまいましたね。外部環境が味方してくれている間に、もたもたしつつもどこまで付けることがらできるか。一先ずは今週もお疲れ様でした!