新着Pick
368Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバルネット企業においては「いかにスケールさせてインパクトを出すか」が常に問われる。Facebookにせよ、Amazonにせよ、このままいくと自社の展開のボトルネックが、地上のネットの普及の遅さになるのだろう。なぜなら、回線事業は各国の法規制を受けて許認可が必要だし、インフラ投資もローカルプレイヤーに依存するからだ。

また、中国のような国家レベルでファイアウォールで閉ざされたインターネットには、アメリカ企業は入り込めない。それを飛び越えてリーチできるポテンシャルが衛星通信にはある。いずれにしても、この領域の競争が激化してきた。
オンラインサービス企業はgoogleやAmazon、Facebookレベルの寡占化が進むと、
・UXの向上
・さらなる拡大のための前提拡大(インターネットユーザーの拡大)
・経営のリスクの軽減(独禁法の不明確な国でキャリアに締め出される など)
の観点から、その上位プラットフォームサービスをやろうとする。

マクロな意味で楽天のキャリア進出も似ている。

将来的に独禁法の適用範囲など、必要な事は沢山ありますが、新しい参入者による競争によっていいサービスが生まれるのはいい事。
次世代通信の競争は非常に楽しみですね。
再び,同じ趣旨のコメント再掲する.
以下でコメントしましたが,
https://newspicks.com/news/3476063?ref=user_2112738
大量の格安の超小型人工衛星を打ち上げ,地球上から通信僻地を無くそうとしている.彼らはそれを利用料金無料のサービスで始めるに違いない.この意味するところは凄く,また恐ろしい.
日本はここでも受動的立場に立たされるのかと思うと残念でならない.
競争ますます激しくなるな。
ベゾス、お前もか

当然ブルーオリジンで打ち上げたいはずだよね。ってか、ワンウェブもコンステレーションの一部をブルーオリジンのニューグレンと契約してたよね。ある意味、スペースXのスターリンクに対抗する連合軍を組んでるようにも見えてたけど、その味方が競合になるって何かダイナミクス起きないのかな。
アマゾンは、3000基以上の衛星のネットワークを構築し、高速インターネットサービスを提供する計画を進めている。ベゾズがやっているブルーオリジンとのシナジーも大きい。SBが出資するOneWeb、SpaceX、Facebook、Googleと競争は凄く激しくなってきた
SBが出資するOnewebとも被りますね。
通信インフラの整っていない地域に光ファイバーではなく低軌道衛星から雨を降らすようにブロードバンドを提供する。
そうして通信インフラの整った地域にAmazonのコアビジネスを展開する、至極真っ当なビジネスに思えます。
全く異なる領域に見えますが、非常に親和性は高い。
5G、6Gになると高周波数帯域の電波を利用することから、基地局はきめ細かく分散される可能性があります。そうなると、屋外は衛星からダイレクト、屋内は衛星経由で基地局にという全体設計になるのかもしれませんね。いずれにしても、そこまでの高速通信を生かすだけのビジネスモデルがあってこそ。
衛生コンステレーションによる革命は同時に米軍が主張する宇宙空間での軍事活動の引き金を引くのか
ソフトバンクは異業種から通信ど真ん中の事業に進出し、今ではコンステレーションを計画してるワンウェブに出資。
Amazonは本のインターネット販売からAWSやAmazonプライムといったイノベーションを起こしながら、ベゾスが私費を投じてブルーオリジンを盛り上げ、ついにAmazonでコンステレーションを組みブロードバンド提供へ。
宇宙の場が熱い🔥
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績