新着Pick
404Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とりあえず良かったけど、女性活躍の時代、この男女逆転バージョンも起こる。旦那の浮気で別れたとしても、結婚後に増えた財産は夫婦共同財産だから折半されると。
その辺りの知識は結婚前にしっかり学んでおく必要があるわよね。
奥さんが引き続き保有するアマゾン株は約4兆円と、史上ぶっちぎり最高額の慰謝料。ベゾスにはとてつもなく高くついた不倫騒動だったけど、思慮深い彼女がこの莫大な富を今後どのように用いるかにも注目したい
創業から支えて、株式も共同保有して、大変なことになるとわかってるのに、それでも浮気するのが、どんなに経営では才覚があっても、男って哀しいですね。共同保有してる株式を譲渡し、議決権を渡しているし、ご自分だってずっと支えてきた相手と離れなければならないのは辛いはず、それに小さい我慢ができないような方ではないはずなのに、限界だったのでしょう。
このニュースで、怖いだの酷いだのいっている周りの男性は、収入が格差(女性が低い又はない)のある相手をパートナーに選んでいる人が多いように思います。妻が稼いでないとはいえ、その分、綺麗な部屋やいつもあるご飯の恩恵はあるはずだし、稼いでないのにどうの、という意識があるなら、同じ位強くて稼げる女と結婚すればいい。色々ワガママでしょう。
聡明な女性が、精神的ダメージに負けずに、富を彼女の意志でつかって今後も輝いていく姿が楽しみです。
離婚による財産分与で、世界長者番付の1位から2位以下に陥落するのかなと思いきや。

アマゾン株の1/4だったので、2位のビル・ゲイツとほぼ同じくらいという、現在ギリギリ1位をキープかどうかという状況かも。

他の資産の分与次第では2位以下かもしれませんが、次回もまた1位かな。

ランキングはこちら
https://forbesjapan.com/articles/detail/25883/2/1/1
日本の女性の貧困の多くは、離婚してシングルマザーになった時に起こります。そんな日本の悲しい現実とはネガとポジが逆転した別世界の物語です。世界の誰もが太刀打ちできないジェフ・ベゾスが、一人の女性に完敗したようにも見えます。心卑しい私には不愉快なニュースではありません。それにしても、彼女は賢明で素敵な方のようです。社会貢献分野での活躍を期待したいです。
なるほど、ワシントンポストとブルーオリジンの権利は手放すんだ。まあ落とし所だな
全議決権をベゾスに譲渡。ガバナンスのためにも必要だったので、保有株75%譲渡の裏には、きっと現金が動いているはず。

他の人のコメント見ると、日本人っぽく、奥ゆかしく保有株を譲ったように書かれてますが、アメリカ人ですから、無償ではやらないですよねー
4兆円といえば、中東の有力な産油国の
王族一人の個人資産と並ぶ金額。

個人資産としては世界トップ30くらいに
入る、使い方次第では結構いろんなことが出来る額。

トヨタ自動車は買えないが、丸の内のビルは一区画
買える。印象派の絵画も一通り買える。

これをどう使うか、とても興味深い笑
あまり表に出ない話ですが、日本でも起業家が結婚する際に婚前契約書で共有財産を定義したり、結婚を上場後にするなど対処している例はそこそこありますね。
アメリカ会社法では、議決権のみを他の株主権から分離することを認めている。しかも、議決権は財産権としてそれ自体が経済的価値を有していると考える。

株式は社団を構成する社員(株式では株主)のその社団に対する地位を意味するもので、社員権の一部を分離させることは本来の姿ではない。つまり、議決権の無い株式は、本来の姿ではない。

しかし、無議決権株式の発行が認められると、株式の性質は大きく変容したと考えられる。

議決権のみを信託することは英米では長く否定されてきた。日本では今でも、議決権のみを信託することは許されないと考えられている。

共有株式のうち、25%の議決権部分のみを共有にしない、無議決権株式状態にすることがなぜ許されるのだろうか?
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
94.8 兆円

業績