新着Pick
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうしたミスは大迷惑。介護保険の財政運営は3年間を1期としているので、今のところ10兆円規模の介護保険制度全体に支障をきたす重大事には至らなさそうだが、健康保険組合のさらなる解散の引き金になりかねない。それだけは避けたいところ。
介護保険料の追加納付(労使折半なので事業主負担保険料も発生)の求めに嫌気が差す健保組合は、解散(して加入者は協会けんぽへ移行した方が保険料負担が軽くていい)の道を選ぶかもしれない。ただでさえ、後期高齢者医療のための支援金の負担増にあえいで解散する健保組合が続出しているのに。
またしても厚労省!!

「薬害エイズ」「消えた年金」「統計問題」…もはやこの役所はマトモに機能しているとは言えません。

組合員数が農水省に次いで多いのも、真剣に仕事をしようという意欲を削いでいる恐れがあります。

そもそも、解雇されることがほとんどなく給与も人事院勧告で決められる役所に組合があれば、「もっと仕事を軽減しろ」という要求がメインになります。

公務員の組合のあり方を再検討すべき時期が来ていると思います。
こういうミスはあってはならない。
ミスが発生した仕組みを解明し、今の時代にあった
テクノロジーで基金なるものの役割を廃して、
新たな仕組みに置き換えるべき。
厳重注意などで済ませるべきではない。
ミス自体も問題なんですが、これはどういうことですかね?こんなことしてて、処分も何もないとモラルハザード起きませんかね。。。
また、他のピッカーの方も指摘されてますが、そもそもの仕組みをどうかしないとですね。ヒューマンエラーは必ず起きますから。

(以下引用)
支払基金は1月にミスの可能性を厚労省に伝えたが、同省は放置。健保組合が本来の保険料に基づく予算がつくれない事態となった。
官庁はセキュリティも含めてデジタルに通じた専門の次官級幹部を外から登用した方がいいと思います。不正統計の問題もそうでしたが、「わからないから現場に丸投げ」することが当たり前になっています。公共交通機関の路線案内を使っていていつも思うのですが、複雑なダイヤ改正をすべて網羅しながらアップデートできている時代に、なんでこんなミスが起きるのだろうと。
制度が複雑になるとコストが上がりミスも増える

介護保険などの社会保障制度は全て廃止して代わりに負の所得税=ベーシックインカムを導入するべき

ミルトン・フリードマン「資本主義と自由」
第10章 所得の分配
第11章 社会福祉政策
第12章 貧困対策
https://a.r10.to/hliTv3
ただでさえ財政が厳しい介護保険制度。
このヒューマンエラーは大きいですね。
「すみませんでした」では取り返しがつきませんね。
残念でしかありません。
複雑な制度に天下り先とかいろいろ作った結果でしょうね。