新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
凄い値引き幅。それでも日本円で95,000円くらい。
最初に付けた価格はなんだったのかと思ってしまう。

サービスへの転換を図っているけど、それはハードが普及した国であることが前提。インドなどのシェアが低い新興国では、相変わらずハードをを売る必要がある。Appleのサービスが他社プラットフォームでも利用出来れば、サービスからハードへ誘導する事も出来るけど、閉じられたサービスではそうはいかない。ハードの販売台数は重要な指標になると思います。
日本では、アップル製品は全般的に海外と比較して安いですね。→肝心のアメリカだけ記憶にないのですが…
特に新興国が高いです。
これは、やはりブランド価値分でしょうか?

でもインドではiphone全然流行っていないと聞いています。
そもそものプライシングに無理があるのかもしれませんね。
XRか、在庫が重すぎるのでしょう。25%下げても、インドでのAppleの昨年のシェアは1~2%ですから、大きな好影響も無いでしょうね。
インドも中国と同様、モバイルペイが主流になったので、どんな人でもスマートフォンは必須です。

中国製のAndroid端末の価格に比べると、この程度の値下げでは全く効果がないと思います。

インドでは、AppでもAndroid対応のみというものも多数あり、iOSのシェアはあまりにも小さいです。

つまりインド市場では、Apple製品のコストインセンティブが認められていないということ。

「機能/コスト」という指標において、圧倒的にAndroidが優位にたっているので、こうなります。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
109 兆円

業績