新着Pick
59Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
セブン&アイの決算が出ています。世間では24時間営業ネタに注目が集まっていると思います。
一方、サクッと見ていて面白いのが
1. 国内コンビニ店舗計画。2017年2月気+850展純増、2018年2月期+838店純増、2019年2月期+616店純増の実績に対して、2020年2月期は出店900(うち沖縄50)退店750の+100店増となっており、FCオーナーの確保がひょっとすると問題になっていることを示唆しているのかもしれません。
2. 金融関連事業の営業利益が2019年2月期は約+31億円の増益に対して、2020年2月期計画が▲66億円減益の463億円とされていること。

米国事業は成長が続きそうですが、日本はFC体制の再構築、店舗省人化や決済などでの顧客体験の改善、オムニチャネルの進化などが問われる新年度になりそうです。
海外が校長なのはわかります。
私のいるフィリピンにもたくさんのコンビニが入って来ていますが、セブンイレブンが一番元気が良い気がします。
世界中、ほんとうにコンビニがあれば便利です。
日本の発明ではないのかもしれませんが、間違いなく育てたのは日本なので、凄いと思います。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。TOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.28 兆円

業績