新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
保釈後の再逮捕は、当該被疑事実に関して更に逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれを確認しなければならず、当然ながら厳格に判断されます。
検察は血眼になって逮捕事実を探したんでしょうが、それにしても裁判所が自動発券機のように逮捕状を出しすぎではないでしょうか。こういうのを止めるのも番人の役目のはず。
兎にも角にも有罪を勝ち取らないといけないらしいです。
資料押収ってなんでも持っていけるんですね。
恐ろしい…

以下、別コメントです。

先ほどまで弘中弁護士が記者会見していましたね。
ネットで生中継を見ていましたが、海外メディアの関心がかなり高いようです。
ところで、今回の逮捕をスクープした産経新聞の記事によると、↓のような背景がある模様です。

特捜部は「サウジアラビア・ルートだけでは、部分的に弁解が認められる可能性もある。中東での資金工作の全体像を解明しなければ、逆に無罪が出かねない」と上層部に主張し、逮捕にこぎつけた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190404/afr1904040009-n3.html

つまり、今起訴している事件だけでは場合によってはゴーン氏が無罪になる可能性があり、そのような事態を回避するために、起訴していない疑惑の中でコアな事件はこのオマーン事件と判断をして引き続き捜査をしていたようです。

事件の全容としてはゴーン氏の私利私欲が十分あることは理解できますが、逮捕⇒有罪を勝ち取ることが使命になっている今の特捜部の姿は異様に映ります。
なぜ身柄を拘束する必要があるのか?という指摘はそのとおりだと思います。

ただ、このタイミングで会見とかTwitterで発信とか、検察がもっとも嫌う行為なんですよね。あれは検察を刺激してしまいました。ああいうことを許さないというのが検察の正義です。

本当におかしいのですが。
俺の時はヤメ検がじっとしてろと言ってたな。
とくに新しい事実が見つかり、しかもゴーンさんは逃亡の恐れがあるなら、逮捕も仕方がないが、
そうではなく、とにかくゴーンを虐めようとしているだけではないか。
保釈中なのですから、身柄拘束の必要があるかは疑問ですが、勾留も認められましたね。
最近の裁判所は、以前より勾留を認めない方向性のようですが。
万が一、日本で無罪になっても海外に出たら即逮捕。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.88 兆円

業績