新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文科省はあくまで「プログラミング的思考力」の必修化としたため、地域や学校によって、プログラミングの授業内容に大きな差が出ることは確実です。

今の学校でできることに限りはあるとは言え、本来はプログラミングが実際にでき、プログラミングの楽しさを感じてもらうことが望ましいことは自明です。
主要教科で意味不明なアンプラグドの授業が推進されるようなことがないよう、現場の先生方自身が子どもたちにとって本当に良いプログラミング教育は何かを考えることが不可欠です。先生たちにかかっています。
友人のプログラマーから連絡があり、「学校の授業で使われた教材見たんだけど、プログラミングとは何かを問う穴埋め問題になっていたよ。それ違うよねw」と。違いますね。少なくとも、プログラミング的思考は身につかないですね。学びは楽しいはずなのですが、一部でどうしてもテスト対策的なものになっているようです。

穴埋めって◯か×の二択だと思いますが、プログラミングって何択もある中での一つだったりして。その過程で試行錯誤があります。なので失敗することもある。だけどそこから学んで、自分が実行したいものを完遂する。その観点から考えると、穴埋め問題は本来的なプログラミング思考とは真逆ですね。

そもそもな話で申し訳ないのですが、先生たち自身、プログラミング教育が腹落ちしている方がどれくらいいらっしゃるでしょうか。日々の仕事が多く、かつ、新たに教えることも増えたとなると、咀嚼する余裕がないのではと感じます。そのため、このプログラミング教育もそうですが、先生たちの抜本的な働き方改革をしない限り、ICT環境の整備からプログラミング教育まで推進していくのが難しいのではと思います。
小学校プログラミング教育必修化に向け、学校の先生がプログラミングの授業をできるようにする支援をしている、みんなのコードで働いています。

現在はGoogleさんと協働で全国の先生がプログラミング教育を実施できるように支援しており、今年は全国15の県・市教育委員会とタッグを組んで、400人以上の先生が今年実際にプログラミング教育を取り入れた授業を実施しました。

小学校段階では、タイピングがままならないので、Scratchや弊社が提供しているオンラインプログラミング教材「プログル」などを使って、算数などの教科内で実施しています。

小学校段階で大事なのは、「まずは楽しむこと」であると考えており、楽しだあとから興味を深めたいこはCoderDojoなどにいくのが理想だと考えています。
残念なことはわかっていること。

プログラミングで学ぶべき本質的なことを理解していない人たちが決めているのだから。

義務教育がキャッチアップするのには時間がかかるんです。危惧している人たちが、民間のプログラミング教室でサポートするのが効果的です。

義務教育によるプログラミング授業が、子どもたちの好奇心を膨らませるきっかけになればいいのですが。
プログラミング教育の小学校必修化については賛否両論あり、現場も混乱していますが、世界各国が小学校からコンピューターサイエンスを教科化している中で、何もしないで大丈夫なのでしょうか。

確実な体制を整えようとすれば膨大な時間がかかり、さらに遅れてしまいます。混乱は覚悟の上で、やりながら改善していくことが大切です。だからこそ、学校だけに頼らないようにするため、「未来の学びコンソーソアム」のように産学官民一丸となって教育体制と整える動きもあります。

プログラミング教育で教えるものが「プログラミング的思考」とされるのは、タスクの分解と効率的な再構成を学ぶことで、デジタル世界の稼働原理を理解することが目的だと理解してます。ITを担う人材の育成が主たる目的ではないので、プログラミング言語の習得を目指すものではありません。ITの原理を理解して、ITをブラックボックスにしないリテラシーを育てるための入口なので、IT人材の育成は別トラックですればいい話です。

義務教育は基礎教育なので、大切なことはITに使われる人材ではなく、ITを使える人材を育てることです。また、プログラミングに嫌悪感を持たないように学習者中心でコンテンツを磨くことも重要です。
プログラム書きなしでプログラミング思考を育てるというのは、木馬にまたがって馬術の技能を育てるようなもの。すでに英語教育でこの国は大失敗してるのに、また同じ轍を踏もうとしてる。もう民間で頑張るしかないかと。
「大学入試も関わってくるという。」
試験とかにしないほうが良いのでは?
考え方や楽しさを学んで欲しいと願います。
最近、作品の関係で、英語詩を書く様にしてるんですが、
メロ先行の場合、直感より翻訳機能など使いながら言葉数や韻を探す
その手法やタスクの処理はこの記事にある様に
確かにプログラムを書くのに似ておりlyricに内包する
組み合わせ感にシンクロ感を感じます。

英会話の先生は、絶対ネイティブが良いのと同じで、
プログラミングの先生も民間のプログラマーが良いに決まってます。

言語は何が良いかは色々あるでしょうが。
結局ウインドウズベースなので、お堅い言語が推奨されてそうですね。
本当は全員MacBook使ってPythonとかいきなり初める方が楽しいと思いますが、予算もあるでしょうし、お役人の決めた事だからそんな感じは毛頭無いのかと思いますが、思い切った自由解放的な施策もありなんじゃないかなぁと思います。
懸念や不安の壁を突破して必修化にたどりついたプログラミング。導入の環境を整えたい。記事にあるように「スクラッチ」や「ビスケット」で始めていけばよいと考えます。
残念かどうかは分からないがクリエイティビティがない感じは直感的にします。