新着Pick
137Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は生鮮ECがなかなか進まないですが、元々国土が狭いため生鮮はちょこちょこ買う構造になっていることが大きいです。また、チラシを見てその日一番安いお店に行くというチラシ文化も根強い。

少し前の記事ですが、セブン&アイのスーパーはEC専用店舗を作って徹底したオペレーションの効率化をやっています。発送は1日23便・・・小口&回数の多さを感じます。
https://newspicks.com/news/1951395/

一方で、中国でアリババがやっている高級スーパーのフーマーは商圏としている半径3kmの範囲の地価が上がるという都市伝説があるほど人気です。宅配もやっています。

フーマーで宅配する人が求めるのは恐らく宅配の価値ではなくて、フーマー自体の魅力なんですよね。「お買い物のエンタメ化」と言っていて、魅せる売り方が多くとても楽しそうです。
https://newspicks.com/news/3366151/

フーマーで買いたいから(宅配でも)買う、ということなのだと思います。「宅配で買いたい」を超えるのが難しくて大切なことではないでしょうか。
あくまで業態としてですが、ネットスーパーで儲けるのは非常に大変でした。前提として粗利率が低い企業の参入多く、店舗以上にコストが発生する為に損益分岐点が中々高く。かつ1配送辺りの密度にこだわりたい中でも、意外とお客さんの利用率が低く、赤字ルートも発生しやすい傾向にあったので。
ネットスーパー、周りを見ていても、風邪のときにやむを得ず…とかの緊急時に使っている人しか見たことがありません。
思えば自分も…。必要なときに必要なものだけ買った方がロスも少ないし、なんだかんだで生鮮食品は自分の目で確かめたい。
日本の場合、買ったものを当日中に届けてくれるサービスの方が高齢層やママを中心に支持されているのでは?
赤字を黙認しつつ商品をせっせと届けるよりも、お客さんに店まで来てもらう方が難しい時代。
撤退というよりも勇退と呼ぶに値する経営判断です。
リアル企業はネット、EC進出よりも店舗のデジタル化に邁進した方が良いと思います。既に多くのとうし

肝はユーザーとデジタルでつながること。
オンラインでの売上ではない。

一方でネット企業のリアル進出はどうだろうか?
当たり前だが、ネット上でユーザーとデジタルでつながっている。その状態を維持したリアル進出が出来るかどうかかがカギになる。

Amazon などはそうしている。
しかし多くのネット企業はそうなっていない。

全てを店舗で完結させる必要はないが、リアルに出ると、繋がりが弱くなる。売れるかもしれないが、顧客像が見えなくなる。

ネット企業のリアルでのあるべき繋がり方、繋がりの作り方も考えていきたい。このテーマを考えることも、デジタル時代のお客様との繋がり方に示唆を与えてくれると思うのだ。
ネットスーパーじゃダメな時代になってきてると実感。ネットで、家に・早く・自分のタイミングで、届くに加えて、購入時・調理時・食事時・日常の体験がどうなるか。モノ売りからモノコト売りへ。
ドンキの手法で総合スーパー事業がどう変わるか楽しみ
世界のトレンドと逆。10年後が疑問。
やってたんだ。
ドンキの戦略上の撤退ということのようだ。