新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Araiさんがコメントされているように、楽天は時価総額約1.4兆円に対して、Lyftは約2.5兆円と、Lyftが既に上回っている。
「ど真ん中フィンテック」ではないかもしれないが、決済・ポイント経済圏も持っていて、投資もLyftだけでなくモビリティ系ではGo-JekやCareem、ほかにPinterestなどにも投資をしている。
世の中のマルチプルが上がっている中では、むしろ強烈に割安に見える(細かく見ているわけではないが…)。
これは大きいですね。今後の成長戦略として、モバイル(RakutenMNO)、決済、物流を挙げている同社。今回の件がより成長戦略を加速させてより強い楽天経済圏を作れる一助になれば非常に嬉しいところです。
今日楽天の株価が下がっているのは、ここのところ上昇基調にあったので、一旦は利益確定をする動きだと思っています。
でも、確かにリフトの時価総額が楽天より全然大きいという・・・
これはひとえに、マーケットの成熟度によるものと思うしかないのかと
この記事も合わせて、読みたい。

■【週刊エコノミスト】
楽天会計マジック
非上場株式評価益で利益かさ上げ
公募増資や携帯参入の「援軍」に=細野祐二

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20180828/se1/00m/020/056000c
楽天が、先日のリフトの上場で、約1100億円の有価証券評価益を計上する見込みと発表しました。