新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
農機具レンタルのECが存在することは知りませんでしたが、領域がニッチであってもユーザー課題が明確であるほど利用されるはずです。
農機具も価値があり、結果高額な商品の方がレンタルニーズがあるというのは、他の業界のレンタルでも同様な傾向ですね。例えば、ファッション領域でも低価格のアパレルよりも、高額なラグジュアリーブランドバッグのレンタルの方が堅調のようです。
この農機具レンタルが浸透していくには、デジタル側でのサービスの精度云々よりも、利用の浸透でしょうね。社会実装のハードルをどう乗り越えていかれるのか?注目しています。
先日のICCのベンチャーピッチコンテストでは、収穫ロボットのinahoがグランプリをとりました。サイズや色で収穫期を自動判断し、収穫をするというロボット。
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO41462610Z10C19A2000000?s=0
プレゼンも見てましたが、人手不足の問題がなければ農地を拡大したい、という農家さんは多い、というのが印象的でした。
ビジネスモデルも、機械は無料で貸し出し、収穫量の一定割合をもらうという新しいモデル。こういうイノベーションで農業の効率化も進んでいくとよいですね
本来ならこのシェアリングが、組合になるのですけどね。ただ、マイカーとタクシーの比較と同じで、タクシーの方が一見コスパが良くてもマイカー選びます。準備返却、気を使う、すぐ使いたいなど、いろいろの要素が影響されますし、あと機械いじりが好きな方も多いですし。可能性としては、機械購入か、作業請負の2パターンに集約されていく可能性が高いのでは。
これは便利かも