新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この6年余りを振り返ってみると・・・ 政権交代による大規模な金融緩和への期待からドル円相場が80円前後から僅か半年で100円を突破した最初の円安局面で、日経平均株価は9,000円前後から15,000円前後まで一気に駆け上がりました。その後、ドル円相場と株価は暫く横ばいになりましたが、2014年10月の黒田バズーカ第2弾をきっかけにドル円は100円前後から120円を突破する円安水準へ、日経平均も15,000円前後から20,000円を超える水準へと上がっています。黒田バズーカ第2弾には日銀が株を買う量を増やす方針が含まれ、安倍総理が百数十兆円の年金のお金を預かるGPIFに株をもっと買わせると同じ日に宣言することまでしたので、その効果は絶大でした。
そういったカンフル効果が切れたのち、日経平均は16,000円近くまで急速に下げますが、2016年後半くらいから世界経済が同時成長に向けて動き出し、20,000円台を回復しています。この回復にかかった期間もほんの1年程度です。その後は世界経済の好調で輸出が増え、日経平均もじわじわ上がって去年の秋に23,000円を超えました。ちょうどその頃、世界経済に変調の兆しがなんとなく見え始め、日本の輸出も増加が止まり、株価が下がり始めます。
後半の3年間の上昇傾向を支えた世界経済も先行きが不安となれば、株価が下げ傾向に変わるのは当然で「株価が前年度末を下回るのは3年ぶり」という表現は、刺激的ではありますが、それほど意味のあることのようには思えない・・・ (・.・;)  日銀のバランスシートが膨らみ過ぎて前半の株高を支えた金融緩和のカンフル効果に多くを期待することはできない状況ですし、慌て焦って政府と日銀に株価維持を求めるようなことはせず、日本企業の活動基盤をしっかり整えることを考えましょう、ご同輩 (^^;
せめて株価と重ねて描くのであれば、為替のグラフは上に行くほど円安の目盛りにしてほしいものです。
平成30年度最後の取引で日経平均が前年度末を3年ぶりに下回った。来年度はすぐに史上初の10連休があり株価の動向もかなり注目を集めそうだ。
昨年末に値が崩れたところから年頭以降の戻しが鈍かったので致し方ないですね。節目として日経平均株価21,000円とドル円110円が強く意識される中で、もう少しドル円110円台定着が早ければ、年度での負けは避けられたかもしれませんが。とはいえ、国内株の指数がやたらと外部環境に振り回されるのは相変わらず。国内については個別株に投資妙味を求めるほうがまともな投資といえるでしょう。テクニカルに短期売買するなら話は別ですが。