新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日無事に株主総会を終えることができました。ご参加頂いた株主の皆様、ご協力本当にありがとうございました。社外取締役に平野 正雄さん・酒井 由香里さんにもご参画頂けることとなり、より一層強い経営チームとしてこれから頑張っていきたいと思います。

今回はよりUZABASEらしさを感じて頂くと共に株主の皆様との対話を重視したいと考えて、総会後にパネルディスカッションも挑戦してみました。UZABASEのチーム経営をしている役員メンバーの顔を見て頂きながらUZABASEの経営のあり方を感じて頂けたんじゃないかと思っております。多くの方にご質問を頂きながら和やかな雰囲気で対話をさせて頂くことができて嬉しい時間でした。本当にありがとうございました。

1点、質疑応答の中で株主優待についてご質問を頂いた際に、私から事業を最優先に、今はお出しすることは考えていないとお答えしました。しかし、ご意見を受けて改めてあらためて梅田や経営チームと議論し、私たちが第一に優先すべき事業計画の達成とご指摘を頂いた株主の皆様に優待を出すことは両立は可能なのでは考えを改めました。そのため、次回の株主総会までに何らかの優待を出させて頂く形で進めていきたいと思います。私の考えが至らずにお答えをしてしまって申し訳ございません。株主様とこういった直接の対話をさせて頂く事で皆様のお考えを理解し、チームと共により良い方向に経営の舵を切っていければと思っております。貴重なご意見を頂きまして、誠にありがとうございました。今後も忌憚のないご意見を頂けましたら幸いです。
ブランド戦略のところの論点は、ゼロイチを生み出し続ける新規事業開発型の組織にとって重要で奥が深い話と思います。

ゼロイチに近いところでのパワーはやはり自由にやることで遠心力を効かせてやった方が良いが、求心力がないとグループでやる意味がなくなってくる。この求心力と遠心力という言葉は、多角化してグループ経営し始めた2年前ぐらいから頻繁に私たちの中でも反芻している概念です。

ゼロイチの立ち上げにおける遠心力の重要性を肌感覚としてわかっていない人からすると、ブランドに統一感がないよね、バラバラだよね、とか指摘・批判しがちです。ただ、そうした指摘も真摯に受け止めて、求心力施策を努力する必要が経営にはあります。稲垣さんの回答はパーフェクトだなと個人的には感じました(どこから目線だよって話で恐縮ですが笑)
メディア事業は時間がかかるビジネス。Quartzもまだまだ試行錯誤しながらでしょうが、SPEEDAはじめ既存事業がしっかり稼いでその赤字分を補えているので、全く問題無いでしょう。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
620 億円

業績