新着Pick
524Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
狭義から広義のMaaSについての良まとめ。

ただしMaaSについはちょっとバズワードが行き過ぎている感を感じます。ユーザにとってEnd to Endでシームレスなモビリティがそこまでクリティカルに重要かどうか。まずは狭義のMaaSすなわちライドシェア、カーシェア等が浸透することではなかろうか。日本ではそれすらもだいぶ遅れている故。
例えば、グーグルマップで検索したルートで搭乗券がアプリ内で発行でき、支払いもグーグルペイでできれば、鉄道会社はAPIを公開するだけで、ユーザーにとってはオッケーですよね。

日高さんの言うとおり、まずはプラットフォマーになるとか考えず、鉄道事業者は情報公開をして連携をはかることから始めてほしい
相変わらず、MaaSの活字が躍っているには、造語力のなさと想像力の欠如を示している。物流では在庫保管を含め数十年前から総合物流サービスといってきている。私は月極使い放題運送サービスを含め、漢字では人流、総合人流を造語してみた。むしろ英語でどう表現するか考え、Human Logostics といってきたのだ。人は物流と違い情報があれば移動できるのだから、スイカやスマホがあればよい。経済圏の形成には宿泊や休憩等の移動する本来の目的が含まれないと形成できるわけがないのである。下記コメント読んでからコメントしてほしいものである。
https://jinryu.jp/blog/?p=13694
日高さん!今日本で最もMaaSについて包括的に語れる方の1人かと思います。