新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当面の利便性向上には繋がるでしょうが、最終的にはどこまで中央集権的な取引所が必要なのか… まだまだ処理速度やセキュリティ等々課題はありますが、ブロックチェーン等分散型で決済できれば違う世界になるかもしれません。

実際、世界銀行が、昨年、ブロックチェーンを使った債券 bond-iを発行しています。株式のセカンダリーとは異なるものの、興味深い動きだと思います。
https://www.worldbank.org/ja/news/press-release/2018/08/23/world-bank-prices-first-global-blockchain-bond-raising-a110-million
東京商品取引所は開示資料を見る限り赤字ですので、統合するのは悪くないと思います。
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0063/nlsgeu000003wl9s-att/TOCOM_kaiji_j_20190328.pdf
本来なら金利物も欲しいところです。
またクロスプロダクト(商品v株式、株式v株式)の板も用意して欲しいですね。
両社のトップが午後、記者会見して詳細を説明するとのこと。「株式に加え、貴金属や農産物といった商品先物を一つの取引所で売買できる「総合取引所」が誕生」します。
株式会社日本取引所グループ(にっぽんとりひきじょグループ、英語: Japan Exchange Group, Inc.)は、東京証券取引所グループと大阪証券取引所(現・大阪取引所)の経営統合に伴い発足した持株会社。統合により、世界第3位の規模の市場となる。 ウィキペディア
時価総額
9,762 億円

業績