新着Pick
961Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MaaSは地域で様々な形態が予想され、1社ですべてを対応することはできない。日本版MaaS事業化のスタディを進めるMONETにHondaが協調することは何ら違和感はない。オープンイノベーションを進める従前の考え通り。特に、HondaとSBは様々な協調関係を築いてきている。この案件をグローバル戦略とあまり紐づけて考える必要はないだろう。
ソフトバンクとトヨタのMaaS合弁のMONET(モネ)に、ホンダと日野も参加!特に注目はホンダ。
文脈として、ソフトバンクとホンダは①に詳しいが、自動車へのAIの応用研究(②)や、GM傘下のCruiseへの投資などで重複するところがあった。そのなかでMONETの設立があり、陣営としてどういう組み方にグローバルでなっていくかというのは注目されていた点。
そういう意味では、グローバルではCruiseやGMがここに乗ってくるかも次に注目する点。あとは、モビリティ・サービスというMaaSを構成する言葉から考えていくと、日本であればパーク24やジャパンタクシー、Anyca(DeNAから今後はDeNAとSOMPOの合弁に)、Akippa、こういった企業などが入ってくるか。ヤマト・佐川なども気になるし、もちろんグローバルでもUberやCruiseなどの動向含めて注目。
https://newspicks.com/news/3778695
https://newspicks.com/news/1677715

会社プレスリリースは下記。ホンダ、日野ともに約2.5億円、約10%ずつの出資。
https://www.monet-technologies.com/news/press/2019/20190328_02/

発足発表時のPickもご参考。
https://newspicks.com/news/3361611
https://newspicks.com/news/3360986
インターネット業界ではモバイルペイメント領域においてLINEとメルカリがタッグを組みました。これからの時代は競争ではなく共創であり、事業戦略はコネクティビティを掲げる時代ですねよね。

LINE×メルカリ
https://ascii.jp/elem/000/001/835/1835092/
大手が垣根を越えた連携をして、安全や捜査、利便性向上などのパブリックな文脈で、ブロックチェーンを利用したデータ蓄積を進めてくれたら、データベースよりもパブリックブロックチェーンを利用する意味がある。囲い込みではなくて、そうした連携を主導していく大企業が出てきたらかっこいいです。
みんなで本気で日本を良くする。効率化だけやるのはやめて、移動したくなる人をもっと増やす。GDPを増やそう!
日本の自動車産業の未来はトヨタとホンダにかかっているということ。両社は紛れもなくサムライジャパンのフォワード2トップ!
日本でこれをやるならGMやGOOGに頼っても進まないでしょうから本田は賢明な選択をしたと思います。
しかしソフトバンクは当初JV設立時に過半の議決権割合にこだわったのに、あっさり今回はこれをギブアップしましたね。トヨタ・日野が今後これを牽引することがはっきりしたと思います。
トヨタ、ホンダは両方とも株は長期保有しています。
少なくともこの2社には、日本を代表する企業として生き残って次世代を担うモビリティサービスや、次の移動手段をリードして欲しいという思いを込めて…

モネのサービス、ますます楽しみになりました。

この記事を読むと、いかに日産関連記事が自動車産業の企業の中で浮世離れしているか、よく分かります…
トヨタ自動車からのリリースは下記参照ください。

MONETが日野自動車およびHondaと資本・業務提携
https://www.monet-technologies.com/news/press/2019/20190328_02/

「MONETコンソーシアム」を設立
https://www.monet-technologies.com/news/press/2019/20190328_01/
日産が混乱している間に、トヨタとホンダが次世代の移動で協業する。どうなる?日産と三菱。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.2 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.72 兆円

業績

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績