新着Pick
743Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
伊藤羊一さんのトーク、今回は1分でロジカルに説明する技術です。
ロジックの作り方を指南する本はごまんとありますが、伊藤さんのお話は、事例を持って、抜群にわかりやすい! 
中学生、ひょっとしたら小学生でも理解できる話になっています。
お話を聞いていて、これぞ話し方の達人の技なんだと驚き、感動しました。
その雰囲気が文章からも伝わるでしょうか。
次回は、いよいよ伊藤さんの真骨頂、相手の心に響く、たとえ話、事例の話になります。
普段から結論ファーストで仕事をしている訳ですが、それが一切通用しない現場があります。それはプライベートです!私はそれで失敗しました 笑。
仕事スタイルそのままに、結論ファーストで正論だけ言っていると「わかるけど、ムカつく!」となります。要するに人間の思考のフレームは論理と情理があるということです。敢えて結論や根拠を論理的に説明しない勇気も必要です。自戒を込めて 笑。
一点。結論を先に話すべきかは状況によります。
相手が論点を理解している場合(上司など)は、結論から話すべきです。
そうでない場合、現状、あるべき姿を整理することで課題を明らかにし、その上で結論につなげていく姿勢が求められます。
若手の時は「結論を話す」ことが多かったわけですが、最近は結論は最後に話すことばかりになりました。
「1分で話すこと」は、「頭でわかる」と「実際にできる」の間に大きな差がある典型例。
だから、上達するには場数が重要になってくる。
そして、論理や話し方だけでなく、心理的安全性やチームのあり方とつながっていく。

「結局、結論をズバッと言ったとき、「違うよ!」と返されるのが嫌なんですね。でも、それではビジネスは前に進みません」
ほんと必読ですね。
i 日本人の遠慮する性格だと、ついついビジョンとか例え話とかから入っていきがちですが、どうせプレゼンで相手の頭に残るのは2,3のメッセージ。なので冒頭に結論、そしてラストで結論どかんagain、と。
ii 結論まで持っていけてないと、~だと思いますとか抽象的になってしまうケースが多く~やります、で締めれるのはしっかりと根拠に基づいた結論があるからだと感じます。
iii あと、末尾の「I」で語るという話マジで重要ですよね。TEDキュレーター界隈だと常識ですが、偉人の名言は刺さっても、それは自分の言葉じゃないから記憶には残りにくい。なので絶対末尾で使うのはNGで、使うとしても真ん中で軽くくらいがいい、と。

てかタイトルが「プレゼンは1分」じゃなくて「1分で話せ」というのが素晴らしいですよね。どんな話でも通じるポイントばかりazs!
ピラミッドストラクチャーなんて言われるようになって久しいですが、うまく使おうとしてかえってごちゃごちゃになってしまうのはあるあるだと思います。分けて終了したり、構造化に気を取られて全然説得になっていなかったり。

その意味で、まずは根拠を3つ言ってみて、その妥当性を考えるというのはとてもいいアプローチだと思いました。ピラミッドストラクチャーってそんなものなんですよね。

日常生活のいろいろな場面で練習できるというのもその通りだと思います。あんまりやると煙たがられそうですが 笑
本当にこういう感じで会話ができると仕事スムーズなんだろうな、と思います。一個大事なのは聞く側のスキルや慣れの問題。特にプレゼンじゃなくて考えながらダイナミックに主張を変えることもある会議では尚更。

日常の多くの会話は物語調で落ちが最後に来るのに慣れてる聴衆がどこまでついて来れるかという。ダラダラ話すことが楽しいエンタメ要素も会話にはありますからね。だからこれを日常生活でやると結構嫌われるという。

20年前にこんなことばっかり叩き込まれたのを思い出します。
結論ー根拠
このセットで話すと確かに理解いただけることが多いです。
本文でも言われていますが根拠は3つくらいあると納得性が増しますよね。1つだと主観や偏りを感じますし、5つ6つだと多すぎてくどいし無理やり説得させられる気になります。

個人的には、結論ー根拠ー具体例の3点セットが説明の定番。

現場の方は具体の領域で理解する人が多いので現場向けにはここが大切。経営層は抽象の領域で理解するのでレイヤーを上げます。
伊藤洋一さんの話は、これからのキャリアの在り方にも通用する話です。

日常でも結論を意識していない場面が多いので、結論から伝えるのは普段からできていないことですね。

「I」で考えることも、特に感性やセンスが問われる時代では、自分の軸を持っていないと自分の判断に自信を持てなくなります。
1分とあえて言われると意識して調子が出ないシャイな私です、、、
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。