新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
飛行機は保管の際の腐食を考慮し、長期間の保管をするときにはできるだけ乾燥した場所を選びます。日本の航空会社も、航空機を売却すると大抵カリフォルニアの砂漠にいったん機体を持っていきます。ビクタービルやモハベ砂漠という名前は航空ファンの方ならご存知の方もおいでかとおもいます。
今回のサウスウエストの飛行も、ビクタービルへの回送であったとされており、乗客はいませんでした。また、同型機保有国がすべて飛行禁止措置を取っているため、すでに全世界で旅客便として飛行している機体はありません(国の命令を無視できる航空会社があれば別ですが…)。ただし米国では試験や回送を目的とした飛行については、許可があれば可能となっており、今回もその許可を利用しての飛行であったと考えられます。

サウスウエストは同型機を34機を保有しており、すでに25日までに22機をビクタービルに回送しています。他には、あからさまに砂漠に長期保管という意味での回送を行なっている航空会社はないようですが、今後同型機の運航再開まで長引くようであれば、似たような動きは出てくるかもしれません。

トラブルについては、問題が取りざたされているMCASではなく、エンジンの不具合ということで、それなりの確率で発生しており、特に珍しくはないことです(ただ、エンジン一発停止の状況でMCASが誤作動したら、という怖さはあったと思います)。いちいちエンジン不具合くらいで報道されるケースは珍しいですが、現在の737MAXの位置付けを考えれば仕方ありません。
もちろん、不具合の内容によっては同じエンジンを装備するA320neoにも問題が波及する可能性はあります。
どういった異常なのか。AFPによると「FAAは、エチオピア航空とインドネシアのライオン航空の墜落事故を受けて同型機の運航停止を決めていたが、空港間の自力輸送は認めていた」とのこと。例外もあるのですね。

737MAX型機、米国で緊急着陸 乗客なしの自力輸送中(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3217717?cx_part=top_topstory&cx_position=1
ボーイング737MAX、全部止まってると思っていました。よく今乗れますね。今乗るのはやめといたほうがいいです。
同型機を最も有しているのがサウスウエスト。個人的には好きな航空会社なので、気になります。
エンジンの異常は、今、問題となっているMCASの件とは全く関係ありません。

メカニカルな部品は、確率的に壊れるものもあるので、単発の故障であれば、特に大きな問題と考えることもないでしょう。

しかし、これがエンジンの設計の問題、構造的な欠陥となると、B737MAXは、ボーイングにとって救世主ではなく、破壊王となるでしょう。

ボーイングにとっては、泣き面に蜂的なインシデントですね。
直接的な日本企業への影響は軽微でしょうが、これをきっかけにボーイング全体の生産計画が下方修正とかなると、準日本製といわれるB787等を通じて日本のメーカにも影響が波及しかねませんね。
2度あることは3度、、、と思ってビックリしましたが、無事に着陸できたようなので安心しました。
早く原因究明が終わり、安心して乗れるようになって欲しいです。
時価総額
12.8 兆円

業績

時価総額
3.47 兆円

業績