新着Pick
531Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本上陸してません。同じ会社だが違うモノです。

これはタクシーの配車システム、世界の常識はライドシェア。

この2つは、普段ホームでも諸外国どこへ行ってもライドシェアを使っている身からすると、本質的にも、ユーザ体験でも相当異なります。

そもそも何もない日本では、電話じゃなくアプリで呼べる、決済がカード引き落とし、というだけで利便性を感じている段階のようですが、それで満足せずにライドシェア解禁を訴え続ける機運がメディアにもあってしかるべしと思います。
使った事がないからその利便性が分からないだけで、モビリティ後進国というのは不便、不快です。
中国の携帯にあるDiDiのアプリを東京で立ち上げてみると、ちゃんと東京の地図が表示され、すぐにでも使えそうな感じです。中国のWeChatで支払えるなら、僕にとってはそれもとても便利です^^

ただし普段、東京でタクシーを捕まえるのに苦労することはあまりないし、日本はちょっと運賃が高いので気軽には使えない。

日本社長の林励さんは、タクシーの稼働率を上げると言っていますが、それはタクシー市場を拡大させるということなのでとても素晴らしいが、果たして可能なのか。

中国は、不便な社会にDiDiが登場したので、みんな飛びついたわけですが、日本(の都会)はもともと移動も便利なので、「便利=市場が拡大」という中国の方程式はそのまま成立しないからです。
楽しみです。DidiあるいはDidiと同じレベルの事業者が切磋琢磨し、日本の交通事情を大いに改善してくれるよう切に願います。そしてできるだけ早く、ドライバー資格を、一般枠にも拡大し、研修を受けたドライバーの自由参入を実現させてほしいです。それこそが、最大の肝です。政治課題でもあります。

中国のDidiを経験すると、日本のタクシーは信じられないくらい不便です。料金が高く、駅で並ぶのも面倒で、(見知らぬ土地の)路上ではどこに電話すればいいのかさえ分からない状況です。自然と客足が遠のき、結果として車の稼働率も悪くなります。まさに悪循環。しかし、中国・Didiの仕組みは、多くのドライバーを市場に供給することで、競争が促され、利便性も向上しました。この仕組みを回すために、ドライバー(と顧客の相互)評価がなされ、最適な経路表示も双方に示されます。昨年中国にて起こった悲劇の事件ばかりが、日本では報道されていますが、徹底した対策が取られている現在、その仕組みもいよいよ完成の域に達しています。

追記:もっと言えば、将来、たまたま通りがかった私の車が、同じ方向のタクシーを待っている老人の方を乗せてあげられるようにしたいです。資格さえもっていれば、短い距離のニーズをついでついでで拾い上げられる、そんな将来像にもつながります。
この間、東京で使ってみました。中国で使うのと同様に、使いやすいインターフェイス、正確な位置表示でした。今後のマーケティングの仕方などにもよると思いますが、国内他社はかなりの危機感を持たないと、DiDiが日本の配車アプリで優位に立つのではないか、と国内他社アプリを使った上での感想です。

決済は、DiDiに以前から登録しているシンガポールのクレジットカードで何ら問題ありませんでした。
DiDiが中国市場で事業展開を始めた当初、Alipayに大きく引き離されていた後発のWeChat Payが、巻き戻しをはかる為にも同社を買収し、代替的なプロモーションをかけて広め、その決済手段としてWeChat Payを押し出しました。その結果、DiDiの普及とともにWeChat Payも急速に普及。結果、今日の中国では、Alipayと並ぶ中国市場における2大キャッシュレスペイメントにまでなりあがりました。

日本に帰れていないので、アプリを触っていませんが、そういった意味でも、Paymentの部分が日本ではどこと組んでいるのか、非常に気になります。
海外からの旅行客のことを考えると「いつも使っているアプリを、そのまま使いたい」ので、米国からだと「Uber/Lyft」、中国からだと「DiDi」となるでしょう。

それらを、一括してサポートできるような仕組みがあれば、最高でしょうね。
DiDi含め、空港で使えたらなといつも思っています。
海外では、空港に着いたら、UberやGrabやLyftなど配車アプリで車を頼みます。
海外の人も、到着して、英語や中国語など母国語の通じないタクシーに乗るんじゃなくて、スマホの配車アプリで到着場所を指定して乗った方が楽ですし、安心ですよね。
ぜひ、規制緩和をお願いします!
「DiDiも同じく、移動という体験をガラッと変えられるサービスだと思っています。ライフスタイルを変えるのは困難ですし、時間がかかるもの。でも変化の先には、全く違う世界がやってくるのです。」
オンラインと、オフラインを分けずに
あくまでもユーザー体験を中心に考えて
いるのが、この記事からよく伝わる。
ソフトバンクのメンバーから聞いて2月から使っています。他の配車アプリよりもUIやUXに優れているように思います。比較的すぐにタクシーが来ます。