新着Pick
771Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
手がけられたお仕事も降りかかってきた困難も残業時間の長さも産後の復職スピードも普通じゃない村木さん、村木さんと言えば波瀾万丈な人生にありながらいつも菩薩のように穏やかな表情、語り口調も特徴的。メンタルマネジメントや表現方法の持論もいつか伺ってみたい。
本当に優秀な人は決して偉ぶらず、さらに深く広く学ぼうとする、と言いますが、村木厚子さんはまさにそういう方だと思います。事務次官の時にお会いしましたが、気さくで腰が低く、そして笑顔が素敵でした。

〈 私は26歳で結婚し、29歳で長女を、35歳で次女を出産しました。夫も私も役所勤めの共働き。それに、私は高知、夫は北海道の出身で、どちらの親も頼ることはできません。〉

村木さんと比べるのも失礼ですが、私(小川)は25歳で結婚して 、27歳で長男を、33歳で次男が生まれました。私も妻も新聞記者。私は京都、妻は岩手の出身で、どちらも親を頼ることはできませんでした。村木さんには一方的に親近感を持っています。
無実の罪でされても諦めず、自分の意思を貫ける強さに心が震えます。
自分は極限状態においてどこまで諦めずに続けられるのか、こんな強い意志があるのかと考えると、本当に尊敬します。
村木さんの新刊「日本型組織の病を考える」が記事最後に紹介されている。
事務次官を退官され、いくつか大手企業の社外取締役も経験されての内容が気になります。
国会対応が行き詰まり、男性課長や課長補佐であれば怒号が飛び交うくらいの逆境に追い詰められても、厳しさの中に優しさを感じられたのが、当時課長補佐だった村木さんと、課長だった藤井さんでした。
下っ端だった私は、まだまだ世間を知らない子供のようでしたが、お2人に対する当時の憧れと尊敬の念は、今でも私の支えになっています。
霞ヶ関の官僚で、村木さんほど天国と地獄を見られた方はいらっしゃらないと思います。

私がこの事件を通じて最も強く感じたのは、人はある日当然、全く違う立場に転じることがあるのだということでした。

まさか村木さんが逮捕なんてあり得ない‼️当時、瞬間的に村木さんの無罪を信じましたが、どれだけ辛いことだっただろうに、それをこのように淡々とお話しされる強さは、私が憧れた時の村木さんと変わっていらっしゃらないです。

幸い明日からの週は仕事が少ないので、連載を楽しみに読ませて頂きます。
幾多の困難を乗り越えられた不屈の精神、学ばせていただきます。楽しみです。
【予告編 無料】元厚生労働事務次官・村木厚子さんの「イノベーターズ・ライフ」(全10話)を本日から毎日連続で公開します。
子育てとの両立、まさかの逮捕など幾度の困難を乗り越えての事務次官まで上り詰めたキャリアと人生、楽しみな連載です。
村木さん!久しぶりに読む気になったので読みます…
勉強不足ではあるけど村木さんの功績はすごい。
功績と逮捕の展開と、今と、たのしみです。
自分のペースで諦めないでやり続けること。言葉のひとつひとつが沁みますね。素敵すぎる。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。