新着Pick
1703Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サブスクリプション祭りに押されていますが、Apple Cardにも注目したい。特徴は、①カード利用履歴が簡易に見れる機能、②従来のCVVではないワンタイムセキュリティコードとiPhoneと連動した生体認証、③カード番号も印字しない物理カード、であること。

世界のカード不正利用は、2020年には3.5兆円を超える規模とも予想されており、iPhoneと顔・指紋を奪われない限り不正利用が起こらないApple Cardは、クレジットカード業界のセキュリティの新しいトレンドになるのではないでしょうか?
カード決済で購読するサブスクが増える中、iPhone上で支出を一括管理できるのはお財布事情にもポジティブ。サブスクをApple Cardで決済することで、乱立するサブスクサービスの決済プラットフォームとなることもAppleの視野にあるのではと推測してしまいます。

まずは、米国からスタートですが、日本での展開も楽しみです。

Apple Cardの記事:
https://newspicks.com/news/3772119?ref=search&ref_q=Apple+card&ref_t=top

参考記事:https://www.newswire.com/press-release/global-card-fraud-losses-reach-16-31-billion-mdash-will-exceed-35-billion-in
セキュリティの向上がないQR決済や中途半端な生体認証に比べると、こういうのこそ、本当のフィンテックだと思う。
本当のフィンテックに必要なことは、
①セキュリティが向上すること
②インターフェースが消費者にとってまったく違和感ないこと
③社会効率が向上すること
の三つだと思う。
その実現にはアイデアベースのフィンテックベンチャーでは力不足は歴然。
さすがアップルとしかいいようがないな。
アップルとしては物理的なチタン製カードよりも、Apple Payと連動するバーチャルカードとその機能に注目してもらいたかったはずなのですが。チタンカードに目が行きますよね。

Apple Cardで訴求したかったのは「プライバシー」。カード番号を使わず、カード利用データもアップルは保持しない、とコメントしています。カード発行会社のゴールドマンサックスは保持するけれど、第三者に利用させない。

GAFAの中でアップルだけが、個人データをサーバに保持せず、使わないと明言している。プライバシーをテーマにした広告も打っています。プライバシーをApple Cardでも盛り上げようという作戦です。
仕組み的にも色々見所はありますが、PANの記載がないとか、EMVに特化したとかは技術的に凄いとかではなく割り切りの話かなと。

日本のように、マグストライプのリーダーが多く残っている地域では使えないケースも出てくるでしょうけど、細かいことは気にせず振り切れるのがアップルの強みでしょうか。

そして定常で2%の還元はすごい。どうやってマネタイズしていくのでしょう。日本のように一回払いがほとんどな国でも同じ戦略でやれるのかしら?

また、金属カードは使えないリーダがあったりして不便な時もありますが、今まで書いた細かいことはどうでもいいくらい格好いいですね。それだけで欲しくなりますね!
今回のkeynoteでは、iPhoneのセキュリティについて非常に強調していたように思いますが、確かに個人情報を守れるのであれば、iPhone自体をクレジットカードのように扱うのは自然だなと。
実際、セキュリティの観点ではクレジットカードの署名はなんの意味も持たないですし、カード裏のたった3桁のセキュリティコードだけで管理されているクレジットカードも危なっかしい部分は少なからずありますね。


日本でのiOSのシェアは68.6パーセント(2017年)
世界でのiOSのシェアは19.6パーセント(2017年)

理論的には、VISAに匹敵するクレジットカード会社になりえますよね。恐ろしい。
物理カードは早く無くしてほしいと思ってますが、このデザインならあえて欲しい!還元率2%で還元の上限がないのは魅力的ですね。
2%還元なのは大きいですね。Appleユーザーをより囲い込み金融へのより強化に。ハードとしての魅力は薄かったですが、収益性という非常に視点だと楽しみです。
Appleがこのカードを出すことが、ブランドカードの進化が進むトリガーになると良いと思います。各ブランドは、従来型のカードのセキュリティ上の欠点(意味のないサイン、CVVがカードのに書いている等々)を補う新しい技術を準備しているようですが、CVVの代わりにワンタイムパスワードを送るためには、何かしらツールが必要であり、それは普通に考えればスマホが順当なわけです。このタイミングでappleがマスターカードを発行してきたことで、この組み合わせがデフォルトになり、世に浸透していくかもしれません。

個人的に注目をしているのはappleと距離を置くvisaがどうするのか?です。

また、カード決済のセキュリティはかなり上がりますが、それ相応のリテラシーがある前提でスマホを管理する意識が今以上に必要になると思います。

なお、日本と海外ではクレジットカードの債務の支払い方が基本的に違うので、↓の理解は日本を前提にすると誤解が生じるかもしれません。

年会費、支払い手数料、遅延手数料、国際決済手数料なし
名前だけが書いてある物理カード(チタン製でオシャレ)
だが、かなりの進化。
アップルカードはゴールドマン・サックス・グループが発行し、
マスターカード<MA.N>のネットワークを利用。
サインでしか利用できない加盟店は使えない。

最初にアメリカで発行されるが、日本での展開が待たれる。

①カード番号も署名もセキュリティコード(CVV)がない物理カードが発行される
②iPhoneと連動した生体認証。
③決済ごとにダイナミック(動的)にセキュリティーコードを発行し、Face IDやTouch IDの認証によって安全に決済ができる

さらに、
当面はiPhone上の操作で数分で発行
買い物金額の2%が「Apple Cash」としてiPhone上のバーチャルカードに還元(Apple Storeでの買い物は3%)
年会費、支払い手数料、遅延手数料、国際決済手数料なし

興味深いのは、「プライバシー」政策。
これは、トレンドの逆張り。
アップルは利用データは保持しない、としている。
カード発行会社のゴールドマンサックスは保持するけれど、第三者に利用させない(マーケティンに使わない)。
今回の発表の中で個人的に一番興味を持ったもので一番新しさを感じたもの。地味な話かもしれないが、アップルはクレカの再発明をしたと感じている。チタンのカードは「Luxury Card」を展開するマスターカードらしいと感じました。これも魅力的。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
156 兆円

業績