新着Pick
214Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
数年前まで、女性が「自分で働いて、食べていく」という考えを持っていることに対して、男女ともに受け入れられない社会的な雰囲気がありました。
同姓に「人生何があるか分からない。旦那に何かあっても自分が支えられるよう収入を確保するために正社員として働き続けたい。」と言っても、なかなか理解されにくいところがありました。
社会的な風潮・雰囲気に飲み込まれることなく、自分の考え・気持ちに従って行動できる本当に意思の強い方だなと思います。
村木厚子さんが、父親からどのような影響を受けたか、という興味深いお話。

「父は教育熱心でしたが、「勉強しなさい」とうるさく言うことはありませんでした」
とあるが、時代背景を考えると相当に教育熱心なお父様だったのではないでしょうか。

以前の堀江貴文さんとの対談も面白かった。
https://newspicks.com/news/3401164/
土佐中学・高校ですか。高校時代野球部の遠征で土佐高校と試合をし、2軍が出てきても強かった、文武両道の学校です。優秀な人は、中1で一番とはやはり最初から優秀なようですね。
お父さんの影響は大きいですね。
村木さんは四国の大学(高知大学だったかな?きっと次回のインタビューに出て来ますね)から霞が関に来られたという、今でこそ多くなっていると思いますが、当時は珍しいキャリアの方でした。
労働省に入省が決まって初めて東京に住まわれたと聞いていましたが、中学校の時のお父様の失業のお話は初めて知りました。
郵便局などでアルバイトをされていたのですね。
先日、NHKの番組で高齢女性のおひとりさまの悲劇というクローズアップ現代の番組コメンテイターとして出演なさっていた時に、「私が刑務所に入った時、この番組で取り上げられているような大変な女性がたくさんいて考えさせられました」というコメントをされていましたが、子供の頃からのご苦労が、村木さんの包容力の源泉なんですね。
明日の記事も楽しみにしています。
素敵なお父さまですね。最近はお子さんの宿題や勉強をみるイクメンも多いのかも知れませんが、上手くモチベーションを維持させながら勉強させるのは難しいものです。

「勉強は大事だけど、自分のためにやること。家の手伝いは家族みんなのためにやることだから、勉強より大事だよ」
本当そうだと思います。お手伝いから自分の得意不得意、好き嫌いを見極める事も出来るし、褒められれば自己肯定感も得られて子供にとっても良い勉強になると思います。
頭ごなしでなく、理由とともに教えてあげるお父さんステキ。

----
家の手伝いをするようによく言われました。
「勉強は大事だけど、自分のためにやること。家の手伝いは家族みんなのためにやることだから、勉強より大事だよ」と。
ずっと働き続けていた父親を傍で見ていた、そして尊敬できる存在だからこその価値観形成なのだと思います。何をもって「働く」とするのか、どう「働く」と向き合うのか、これからの子どもたちは自分たちの背中に影響されるのでしょう。
話の内容も興味がありますが、
写真の表情がとても良いですね。
何事にも逃げずに努力されてきたのだと思います。
官僚トップの事務次官。そして今は大企業からどんどんと声がかかる。素晴らしいキャリアですよね。

東大出身じゃないなど、ヘッドハンターとしてとても興味深かったです。
官僚や国家公務員の方の転職やキャリアパスについても調べております。

https://keyplayers.jp/archives/7794/
人から言われたからではなく、自分が学びたいから学ぶ。この姿勢が、ずっと働き続けたいという気持ちにつながるのですね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。