新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
法的にどうかは別にして、個々人のキャリア志向やプライベートの状況を考慮しない異動や転勤をしていると、採用ブランドが下がって優秀な人が採れない時代になっていくのでしょうね。

後は、自浄作用に任せるか、法的に制限するか、ですが、私としては前述の通り、自浄作用で十分時代は変わっていくように思います。

もっと言えば、古い考えの企業が、それでパワーを減退していけばよく、その分、新しい考えの企業が優秀な人材を確保できればいいのではないかと思います。
ここ最近、転勤の記事をよく見かけるようになってきた。基本的には転勤はもういらないというものが多いと認識している。リモートワークなどを利用することで、会社(オフィス)が拠点であるという働き方から脱却できれば転勤問題も解決できると思うが、日本の企業ではまだまだそれも難しいのかなとも感じる。就活でも転勤は重要なワードになっているようなので、これから日本企業が働き方改革の中で、転勤に関してもどのように変化していくのかは注視したいところ。
シンプルに「出世を目指すこと」を考えている方ならば、転勤は許容する、それが嫌ならば、転勤のない別の立場や職場で働く、それに尽きるのではないかと。

会社としては「入社時に転勤あるの、承知で入社したでしょ!?」ということなのでしょうが、年月が経過するとご自身を取り巻く環境も変わり、生活スタイルも変わることは十分にあり得ることだと思います。

「転勤可能な時期」と「転勤できない時期」もあるでしょうから、運用は大変でしょうけれども、柔軟に行き来できる制度が会社にあると良いですよね。
転勤は、コミットメントが高い人には有難い話だと思います。

一方で高く無い人には、会社のブランド力や給与などのくさびが、離脱防止ポイントになってきます。
独り身であれば自分だけの生活なので問題なしですが、家庭があれば話は別。自分も前向きで家族が前向きであれば◎。家族後ろ向きであれば①転勤拒否②家族は残る③仕事を変える④家族を説得する。いずれにしても最大公約数的な幸せにしかならないのは気になる。
終身雇用のメカニズムは考えさせられますね。
今やグローバルで成長しなければ企業が勝ち残れない時代。終身雇用を前提とした日本の法律や企業が真のグローバル化を果たせるかどうか。。。
こういったことこそ、働き方改革で議論すべきでは?