新着Pick
1720Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「アマゾンはビジネススクールで教わる原則を破壊しました。それは、「コアコンピタンス」という概念です。つまり、自分たちの強みを認識し、それにフォーカスせよという鉄則のことです。アマゾンは次々と隣接領域に参入し、ときには全く関係ないビジネス領域にまで踏み込んで、そこで成功できてしまうということを示してきました。」

確かに。。。「え、それ本業と殆ど関係ないでしょ」という新規事業への経営書的な感覚を持った事が何度かある。
ー書籍販売はわかるけど、電子図書ディバイス? Kindle
ーCDはわかるけど、音楽ストリーミング配信? Amazon Music
ー音楽配信はいいけど、ポッドキャスト端末も? Echo
ー物や情報販売だけでなく、ストレージまで? AWS

中にはB2Bもあるが、基本GAFAの他企業との違いは、「消費者をガッチリ抑えている」事でしょうね。
だからAmazonが明日旅行予約サイトを始めても驚かない。事業品目の問題ではない。
なぜならAmazonは「消費者インターフェース企業」だから。
次の書籍は「The Four(『GAFA』の原題)」ではなく、「The One」になるでしょう、と言い切ったギャロウェイ氏。自身の代表作をある意味、否定してまで、舌鋒鋭く、テクノロジー業界の未来を切り取ってくださいました。

確かに、この5年間で、最も革新的なハードウェアはiPhoneではない、というギャロウェイ氏の指摘には深くうなずかされました。
「あえて予言するとすれば、最初に2兆ドルに達するのは、アマゾン」には完全に同意。ここ10年の世界中のテック株上昇の牽引役だったスマホが頭打ちとなる中、スマートスピーカーなど次世代デバイスでも先行して、プライムという最強のサブスクリプションを持ち、自社で質の高いデータにリーチできる上に、クラウドビジネスとAIへの研究開発投資でも世界最大で、最も洗練されたデータ解析のもと広告やローンなど新ビジネスに次々と浸透して急拡大している。ホント、ビジネススクールで教えるコアコンピタンスの概念とか、机上の空論として根底から否定する存在
面白いインタビュー。

ポッドキャストに関しては、Spotifyのポッドキャスト2社買収で、「ポッドキャストの黄金期は終わった」と嘆く有名ポッドキャスターもいます。私もポッドキャストは毎日聞いていますがプラットフォーマーが動かすようになるとオールドエコノミー化してしまうという危惧があります。

記事にあるようにポッドキャスターが読み上げる広告ってなんであんなに違和感ないんですかね。Huluの広告とかものすごく嫌なんですが、、。ポッドキャスターが、「ブルーエプロン(商品名)でこの間こんなご飯作ったよ」って言いながらおススメしてくると自然なんですよね。
「あの1社」とはどこか!? 本年1月にシアトルでアマゾン本社勤務の方、マイクロソフト勤務の方にお話をおうかがいすることができました。どちらもそれぞれをクラウドコンピューティングのライバルと見做しています。それもお互いに唯一のライバルと称しているところが印象的でした。マイクロソフトはかなり追い上げてくると思いました。同社のサトヤ・ナデラCEOが数年以内にAWSを抜いてクラウドで首位になると宣言しています。今後はプライバシーの配慮がポイントになってきます。それでもAWSとアマゾン本体が表裏一体であるアマゾンは最強だと分析しています。
普通の生活者からすると、Google がなくても、Apple がなくなっても、Facebook がなくなっても、瞬間的に不便を感じますが、代わりがあるんですよね。
でも、マイクロソフトとAmazonはなくなったら、もはや毎日の生活が成立しないです。
その意味で、この2社はやはり底力があると思います。
→マイクロソフト株をクソ株と言われていた時から持ち続けた理由もこれです。

少なくともアメリカでは、今はAmazonとWalmart は顧客層が違います。だから、お互いに相手の顧客層を奪おうというフェーズに入るのでしょうか?この点に興味があります。
Amazonは強みに集中すべきというコアコンピタンスの概念を崩したとのこと。なるほど。。

しいていうならば、テクノロジーの力で世の中が大きく変わるあらゆるポイントに張っている、ということかもしれません。サービス、ソフトウェア、ハードウェア、リアルのどこでも。そしてその根底にあるのが「地球上で最もお客様を大切にする」という企業理念。日本の商社やメガベンチャーなども目指したい方向性かもしれません。
今回も色々な論点が詰まっていて、是非読んでいただきたい記事!
藤田さんがコメントされている通り、Amazonは「消費者をガッチリ抑えている」。それがBtoCだけでなくBtoBでもある。本のECというサービスから始まり、倉庫という物理的資産を裏付けとして競争力を構築。顧客もデータも集まるからプラットフォームとして強くなり、また自社のインフラの仕組みをAWSとしても外販。
一方で、ヤマトに代表されるようにプラットフォームとして強いゆえの交渉力が、ときに嫌われることもある。ユーザーファーストとその裏側、それに伴う規制や世論、そして代替者の登場が最大のリスク。
予想通り、Amazon一強時代に突入するとの見解。AmazonはAからZまで何でもやると良いつつも、当然ながら事業には優先順位を付けていて、EC, クラウド, 広告と儲かるところから着実に成功していっています。個人的にはGoogle, Apple, FacebookよりもMSの方が強く攻め続けると思いますので、AmazonとMSの二強時代になるかと。
広告の行方、メディアの存在価値から、ティム・クック氏やシェリル・サンドバーグ氏な好感度まで。
そして、アマゾンが、ビジネスの定説だった「コア事業への集中」という概念を破壊したという話まで、読み応えのあるタイムリーなインタビュー。

Appleの特集でしたが、「The One」はアップルではない、と。
伝統的小売企業に触れる次のような一文まであります。
「ちなみに、最も素晴らしい企業を選ぶとすれば、ウォルマートです」
この連載について
21世紀に入り、世界で最も革新的なハードウェア企業として君臨してきたアップルに大きな変革が訪れている。世界的なスマホの普及もあって、iPhoneにも陰りが見え始め、アップルはサービス企業へと舵を切りつつある。カギは「サブスクリプション」。3月25日の新発表に合わせ、アップルのサブスク化の最前線を追う。
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績