新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ローリスクローリターン」等のカテゴリ分けはさておき、リストアップされている選手の名前を見て、思わず「あぁ、確かに…」と声に出してしまいました。

一プロ野球ファンの意見ではありますが、現役ドラフトは賛成です。
野球ファンの中でも、二軍三軍選手までチェックし、実際に球場まで足を運ぶのはごく一部のコア層だけ。
「立場が人を作る」と言いますが、これはプロ野球選手でも同じかと。
一軍の、華やかだけど厳しい世界に身を置き、ファンの叱咤激励を受けることで伸びる選手も沢山いると思います。

スカウト云々は完全に内輪の話。
もっと選手とファンのことを考えてほしいと思います。
かつて議論されたレンタル移籍制度は成立寸前まで行きながら、少数球団の反対で頓挫しました。現役ドラフトを実現させるには、何のために行うのかを突き詰め、選手と球団がwin-winになる制度設計が大切です。個人的には人材流動化、活性化の先にエクスパンションをできれば理想だと思っています。

現役ドラフトで何が変わるか、西武の相内投手の例で考えてみます。直球、変化球ともに1軍レベルだが、安定感がない。数年前にじっくり話し、考え方が甘いと感じました。おそらく球団はまだ育成期間と考えているが、今季7年目。育て切れていないとも言えます。

現役ドラフトの副次的効果は、取られたくないなら起用が促進されること。この制度があれば相内投手は昨季、おそらくもっと起用されていたでしょう。制度がなくても、球団が起用して育成するべきなのですが。残念ながら、プロの育成力は決して高くないという問題も根底にあります(アマの指導者から時々聞きます)。

プロ野球選手会もコメント欄を見ているようなので、賛否両論、率直なご意見いただければ幸いです。プロ野球はみんなのものなので、一緒にいい球界を作っていきましょう。また写真について補足ですが、あくまでイメージです。弊社が使用しているアフロ、ゲッティにはプロ野球の写真が極端に少ない。それには記者クラブの存在が絡んできます。プロ野球の裏側には様々な問題が隠れています(苦笑)。
本当に、プロ野球選手は「不自由」ですねー。

そもそも入団時でのドラフト制度は、今では明らかに独禁法違反です。

12球団がグルになって一流選手の契約金高騰を抑えているようなもの。
今は、「巨人の星」の時代じゃないのです。

詳細は以下に書きました。
ご一読いただければ幸いです。

http://agora-web.jp/archives/2029171.html
確かに選手を保有しても活かしきれていない環境は球団によってあるなぁと。そもそも12球団×9人しかスタメンはおらず、打者で代打を、投手で中継ぎや抑え投手を入れても、~200名程度しか1軍でよく見る選手はいないわけで。

サッカーのようにJ1に18チームだけでなく、J2に22チームあり、J1・J2で入れ替え下剋上などもあって動きあれば、それはそれで面白そうですが、それゆえに裾野が広がりすぎている感もあったり。悩ましいですね。
人材流動化がベンチャーに活力を産むのはほぼ間違いないと思います。伝統的な大企業は相当飼い殺しにしていますよね。戦力が厚いとも言えますが。
"簡潔に言えば、出場機会の少ない選手を強制的に移籍させ、“飼い殺し”をなくす制度だ。"
人は、置かれる環境で力の引き出され方が違いますし、
ましてプロスポーツの世界、コーチや監督との相性で、そのポテンシャルが引き出されるかは大きく変わってくるでしょうね。
ちなみに、現役ドラフトもいいですけど、レンタル移籍もあり?
現役ドラフトの導入メリットについて分かりやすく解説された内容です。
球団数が限られ、出場できる選手に比べて所属選手数の多い日本のプロ野球だからこそ、選手自らチャンスを掴める機会を増やすことは有益だと思いました。
NPBにもルール5ドラフトはあってもいい気がするけどな。
それによって、併せてトレード戦略も重要性を増すだろうし
この連載について
保留制度の下、一般社会の契約と比べて球団から不利な立場に置かれている日本のプロ野球選手たち。現役ドラフトやフリーエージェント(FA)のあり方などを見つめ直しながら、どうすればもっと球界が活性化されるかを考えていく。
日本ハム株式会社(にっぽんハム、NH Foods Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置く大手食品加工メーカー。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年(昭和17年)に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社でもある。 ウィキペディア
時価総額
4,849 億円

業績

この連載の記事一覧