新着Pick
177Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
交流、移住、起業。
連載最後に持ってきた高島市長のメッセージはこの3つでした。1番政策で力を入れていることですね。
迫力ある連載でとても読み応えありました。
政治家は選挙に強いことが必要だといつも思っています。選挙に弱いとどんなに素晴らしい政策を掲げても、実行過程で特定の勢力と妥協せざるを得なくなると思うからです。しかも組織のない3期連続当選市長です。過去3回の選挙結果を見てみると、20万票→25万票→28万票と3回連続で得票数が増えています。これだけを見てもたんなる多選市長とは意味が違います。一般的に首長の多選は珍しくありませんが、得票数はそんなに増えないどころか争点がなくなるので、投票率の減少とともに減ることが多い。
高島市長の連載、とってもよかった!
毎朝、これを読むことで勇気が湧いてきましたね。

最終回のデスゾーンのお話もよくわかります。

NewsPicksのみなさん、是非福岡に遊びに来てくださいとのこと。行きますよ、6月の福岡トライアスロン。
今年も高島市長のドッと笑いを誘う開会の挨拶を楽しみにしています♪
有限と分かっていても、若くして命の使い方をじっくり考える人はどのくらいいるのでしょうか?一つの正解の道はない生き方についての自分なりのバトンの私方を考える。素晴らしいメッセージだと思います。

それが私の「命の使い方」。「使命」だと思っています。
その通り。必ず死ぬ。「命のバトン」を渡し続けて永遠への願いを保ち続けている。
そう思って私自身は教育に全てを賭けました。
四半世紀以上取り組み続けてきて、あれもこれも「政治マターだな。政治でないと変えられないな」と痛感する日々です。
このような本物の政治家を応援したい。
心に響く連載でした。デスゾーン、確かに難しい決断をすれば常に批判にさらされる。結果や表面的には綺麗に見えても、実際には多くの修羅場がある。それを理解しながら、波風が立ってでも前進させていこうとする覚悟こそが、政治家に最も必要な力なのかもしれないと読みながら感じました。

広島に住んでいると、福岡はちょっと嫉妬したくなる街です。しかし福岡の元気さは、この東京一極集中の時代にあって地方都市の可能性を感じさせてくれるもので、また政治が街の元気さに繋がることを教えてくれるロールモデルになっています。

魅力的な連載、ありがとうございました。
使命に生きる人はその過程のプロセスで起きる大概のことは乗り越えていきますよね。私欲ではなく、使命で生きたいですね。
高島さんの覚悟と信念が伝わってくる連載でした。天命を悟った人は強い。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。