新着Pick
190Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
衝撃でもなんでもなく、どんな社会でも口利きと賄賂と忖度によって既得権益の承継に全力をかけるものでしょう。
今まではそれは「お互い様」で問題にならなかったわけですが、SNS等のおかげでブラックボックスの透明化が進んできており
庶民の妬みとやっかみの良いネタと化しているということ。
妬む側にも妬まれる側にもならず、確かな親子関係を築くこと以上の幸せがあるものか、と庶民ながらに思います。
「子供の能力を奪うことになるのを自覚せず、わが子に何でも最高のものを与え、最高のものに触れさせ、あらゆる恩恵を受けさせようとする子育てが、今では当たり前のようになっています」
「親元を離れて大学に進学した子供に、電話やメールで「目覚ましコール」をしたことのある親は16%。子供が職場でトラブルに遭遇したら、自ら会社に乗り込むと答えた親は11%だった」

過保護は子どもの能力を奪う。わかっていてもやってしまう親が多いというのは、どの国でも同じということでしょう。違法行為は論外ですが。
この問題の難しく、おもしろくもある点は、「過保護はいかん」と思っていても、当事者になると別の行動をとりうるという点。
親業は夫婦の共同作業だから、一貫した態度をとるというのは簡単ではありません。
気づかぬうちに「除雪」していないようにしたいものです(自戒)。
いずれは子どもも除雪車を運転しなければなりません。そのためには小さいときから多少の間違いはしながらも、運転方法の習得を支援しなければなりません。

子どもは学校という社会から一線を引いた環境で、比較的平坦な道が用意されているので、ここで練習しないと、大人になってから進まなければならない悪路をいきなり運転することはできません。

記事は舞台俳優でしたが、子役やアイドルにも同じようなことが言えそうです。根が深い…。
常軌を逸している今回の事件。ただ、格差が拡大する中で富裕層にとって、今の階層から子供が転落する恐怖感も高まっているのかもしれない。あと、「親の世代は、名門大学を出さえすれば子供にとって永続的なメリットがあると信じ」ないように、自分も含めて気をつけないといけない
”過保護”は保護が過剰な訳ですが、根は”保護”という親の責任なので、OK/NGの線引きが非常に難しいように感じます。

例えば兄弟がいる家庭で、上の子が評判の良い私立中学校に通っていると、下の子も当然そこに入れたいと考えるのが一般的です。勿論真っ当に勉強して入学させるのが普通ですが、やはり先生方に「良い子なんだろうな」「良い家庭なんだろうな」と思ってもらったほうが良いと思われるので、上の子に良い成績を取れるよう頑張らせたり、親も学校のイベント関係に積極的に参加したりします。この行動を否定する人は少ないと思いますが、人によってはこれを除雪車タイプの過保護だと思うかもしれません。評判を金で買うか努力で買うかの違いです。もっというと、金で評判を買う人は、仕事を頑張って沢山の収入を得ているのでしょうから、これも見方によっては努力で評判を買っているとも言えます。
米国の大学の国際ランキングの高さは、寄付金が莫大であることによって維持されています。寄付金が集まるのは、(高校での成績が悪くても)それによって入学できるようになる、という仕組みと切り離せません。この仕組みには、もちろん弊害があります。まず、学生の質の高さが保てなくなります。
 大学側、特に教員と研究者たちがこの仕組みをやめさせようとしないのは、研究には金が必要であるという事情があります。もちろん、金をかけて研究しなければ、国際ランキングの高さを維持して、世界中の最優秀の留学生を集めることもできません。この仕組みは必要悪だ、というわけです。
 もう一つの弊害は、入学について公正さが疑われ、モラルが広く崩れていくことです。この記事に出てくる例は、あまり所得がなく、それほど寄付金を調達できない仮定の話です。数億ドルをポンと寄付できたり、図書館を丸ごと寄贈できるような家庭であれば、このようにアクセクすることはありません。しかし、金が無くても、無理をして寄付に類することをしなければ特権階層に入れない、と、少なくとも多くの親に思い込ませるようになってしまっている現状があります。
 試験の成績さえよければ誰でも機会が与えられる、というのは元々中国の科挙の制度です。この制度がヨーロッパに輸入されて、さらに世界中に広まっていきましたが、現地事情に合わせて各地で改変されています。日本人に馴染みやすい、勉強を頑張れば報われる、という制度は、欧米を含め、各国で改変されている場合が多いです。
過保護が招く子供の生活障害。大人になってから過保護の子供は自立できない。立ちはだかるハードルに対処できない。

日本だけではなく、米国でも、世界でも似たような過保護や裏口入学があるのだなあ、と考えさせられたレポート。

可愛い子には旅をさせよ!親の甘いは子に毒薬!
極端な例外のお話ですからね。

私見を言えば、お好きにしたら?って感じです。