新着Pick

堀江貴文「日本人はムダな仕事をしすぎ」

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
1603Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんかRPAなるものがバズワードになってるんですね。知らんかった笑。もうずっと前から我々プログラマはRPA的なことをプログラミングで実現してましたんで今更感バリバリです。最も優秀なプログラマは最も怠惰な人間だってね。つまらん仕事は機械に任せて楽しんだ方が人生楽ですよーってずっと言ってる。
大学一年生の頃金欠でヤマザキパンの工場で一晩だけパンの仕分けの仕事したことあって、クソつまんない仕事だとおもって一晩でやめた。これ機械にやらせた方がいいのに人件費の方が安いから人間雇ってんだって直ぐに気づいてアホらしくなった。人間だったら普通はヤマザキパンのパンの仕分けやらされたら、自動仕分けロボットを作る仕事に従事したいって思わないのかなー。
ホワイトカラーの現場にも、謎の調整や謎の慣習による意味不明な業務も沢山ありますよね。
失礼だが、堀江さんにしては、切り口が一般的、単にRPAの解説をされているだけ。

「ムダ」という表現より「提供価値が低い」という表現の方が適切のように思う。

「提供価値が低い部分はRPAなどに置き換える」ということは、誰でも言っていること。

まぁ、皆が言っていることでも、同じことを堀江さんが言うと、これだけのピック数が得られるということがNewsPicks、もしくは日本の社会に堀江さんのファンが多いことを物語っているということ。
> SHOWROOMの成功要因は「スナック構造」

とってもシックリきました。

SHOWROOMは、
Youtubeよりも"配信者の滞在時間"を重視し、
"配信者からのコンテンツ内容"は薄いイメージです。
そうか、スナックだったのか。

> ムダな仕事

エジソン的ですね。
ムダな仕事が出てしまう要因は多数ありますが、
働き始めた時からの学習軽視の傾向がその一つかもしれません。
仕事に直結する学習以外には、なかなか目が行きにくいものです。

OECD加盟国の大学の社会人率は平均20.6%である一方で、
日本の大学の社会人率は2.7%。

社会人になって必要を感じて学び直して効率化をはかるという文化形成が
まだ一般的ではないのかな


[引用] 日本の大学の社会人比率は2.7%, OECDデータベース 2005
https://www.mirai-scape.net/column/society-member-ratio-of-the-japanese-university
【人事戦略デザイナーの視点】

「中途半端に人を介在させるのではなく、魅力的なママだけは人間で、あとの作業を担うのはロボットで十分だ」

生産性を決める指標の一つに、労働装備率という経営数値がある。

これは、有形固定資産額を従業員数で割った数値で、傾向的にはこの値が大きいほど生産性が高い。

産業別では、飲食サービス業界の数値は極めて低く、自動車や化学系は高い。

この記事にある事例は、まさにサービス業の労働装備率の革新についてである。

もし記事にあるような変革が実現すると、既存のサービスは人件費負担で押し潰されるのは、ほぼ間違いない未来である。

人事業界でも、人事評価の代行サービスや採用マッチングシステムなどは、すべてAIに代替されるだろう。

人手を掛けてサービスを提供するシステムは、その存在自体がビジネスリスクになりうる時代が、すぐそこまできている。
スポーツイベントリテールの世界でも、試合前のピーク時間帯だけレジが混雑し、その為にスペースと人手がかかるという問題を抱えています。昨日まで行われたMLB開幕戦でも弊社は東京ドームのメインテントで20台以上のレジと待機列スペースを準備してそれで何とか回せましたが、かなりのコストになります。

RFIDが早く無視できるぐらいのコストとクオリティを提供してくれればロジ周り含め色々解決できそうなのですが、ユニクロクラスでないとペイしないステージにあります。決済、商品補充周り含めてまだまだ現場ではまだテクノロジー導入による改善余地が一杯です。
「人がやらなくてよい仕事」も、その最初は人がやる。
だから、技術の進歩によって、人でなくてもできる仕事が増え、また、人がやらない方がよい仕事が増えているということだろう。

「人がやらなくてよい仕事」が「ムダ」なのではなく、そういう仕事をやることが「ムダ」だと言いたいのだろう。なぜなら、属性として「ムダ」な仕事なら、誰がやっても「ムダ」なはずだから。

システム化で「ムダ」さ加減が見えなくなると、かえって「ムダ」な仕事が温存されかねない。
AIだとかRPAだとかを持ち出す前に、日本人の合理性に対する感覚が無駄を作り続けているように感じる。おもてなしや丁寧、汗をかくことなどの美学がいけません。そこまでやる必要なんてないよということにこだわりすぎ。もちろんそれが競争優位性になるケースも稀にはあるでしょうし、趣味嗜好の分野もあるでしょうが、それはレアだ。人がやる必要がない仕事も多い。仰る通り。
ムダな仕事をしすぎ

これ、日本中の学校の先生に当てはまるんじゃないですか?
学校の先生は自分で仕事を増やしていますし、楽しようとしもうものなら白い目で見られる始末。
でもスティーブ・ジョブズって無駄なことなんてなかったねみたいなこと言ってたよね。紙の伝票をexcelに打ち込んで一筋10年みたいな人にも何かを掴む瞬間があるのかもしれないしそういうのが好きな人がdxやれと言われたら死んじゃうのかも知らんし。