新着Pick
1105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Google mapは法人向けのAPI利用料増額などもあり、法人ユーザーも少しずつ代替案を模索し始めています。

元々はPL不問(収支は気にしなくて良い)事業としてひたすら製品の質を上げていましたが、ビジネスとして考えると多少の方向転換も出てくるのでしょうか。

ゼンリンの地図データは一朝一夕でどうにかなるなものではないので、より良い地図が作れる道筋があって内製化するのでない場合は、あまり良い意思決定ではない気がします。
この話、地理界隈でかなり話題になっていました。

先日、GoogleEarth Educationalという、GoogleEarthの教育利用の可能性について勉強する会へ参加しました。Google側は「地理」という言葉にこだわりがあるようでした。

確かに、GoogleEarthやGoogle Mapsは、地理そのものです。改めて、地理とは日常生活に浸透して近しい存在であるがゆえに、近すぎて見えないものなんだなと思いました。こだわりがあるからこそ、Googleはゼンリンから離れ自分たちで作っていこうとしているように思えます。

地理って、ちゃんと学んだ方が良いですよ。
日本の地図作成に関しては、ゼンリンには長年にわたって蓄積したノウハウがあります。

一昔前、ゼンリンの地図を持って車で営業していましたが、極めて正確で迷ったりトラブルになったことはありませんでした。

狭い道や一方通行の多い日本。
米国とは大きく事情が違います。
ゼンリンの技術とノウハウはすごいものがあります。ゼンリンの高山社長は今年度の毎日経済人賞を受賞し、そのパーティーで話を聞く機会がありました。いち早くデジタル化に取り組みカーナビに採用されてからは社業は順調です。さらに向上に努めており、グーグルは一緒にやっていった方がよかったのではと思います。

高山社長の話で印象的だったのは、衛星情報はあくまで写真にすぎず、しかも地球は丸いので、平面の地図情報との間には必ずズレが生じるということでした。北海道から沖縄までの地図と衛星情報を対照させるとかなり大きなズレになるそうです。そこをどう修正するかも含めて、地図の精度が求められるということでした。まだ、人工知能も届かない職人の領域のようです。
ユーザーのお店探しの検索は、地図アプリや決済アプリでのお店探しが主流になって来店数が増えるので、地図の正確さは非常に重要。

ここにビジネスチャンスがあって、食べログなどよりもGoogleマイビジネをしっかり運用する方が来店に繋がるという話も多くなってきてます。

だから、ここでGoogleがゼンリンさんのデータを切るのは悪手だと思う。
Googleとしてのビジネス判断。Appleが地図データを自社アプリ化したときにいまいち良くなくわざわざGoogle Mapを入れたが、今回はどうなるだろう?無料であることは企業のビジネスモデルの一つ。そしてそれが変わって、もし気に入らなければ移る。
なお、記事に言及が出ているゼンリンが新しくパートナーとして発表したMapboxはソフトバンクの出資先。元はアフガニスタンでの選挙地図から始まった会社。データ量が少なかったりスムーズな表示といった特徴があって、Airbnbとかでも使われている。
https://newspicks.com/news/3021505
https://newspicks.com/news/2549181
https://newspicks.com/news/3186671
政治活動をしてるとゼンリン地図の凄さに圧倒される。あれを超える独自地図をGoogleが用意することは不可能でしょう。この改編はとても残念。
Google Map、ゼンリンと契約解除したんだ。AR時代になると地図データがベースでARクラウドが出来ていくから、独自路線になっていってるのかな。ポケモンGoとかはどうなるんだろう?
新Googleマップは、今後、改善されるだろうが、
ゼンリンさんのデータを使っていた時代の品質には戻れないだろう。

「ゼンリンはGoogleマップのサービス開始当初(2005年)から地図データをGoogleに提供。オフラインマップがついに日本で実装されるとの発表から、「両社で契約の折り合いがついたのでは」との見方もあったが、実際はゼンリンとの契約を終了し、Google製の地図データに切り替えて提供する方向に入ったとみるのが自然だ。」
ヤフーはプロアトラスを出していた地図会社アルプスを買収。
AppleはOpen Street Mapを利用。
戦国時代みたいで面白いですね。利用者の立場からすればいきなり地図の品質が下がるのは大変困りますけども。

昔講演で伺った話では、とある検索サイトでは場所に関する検索が半分程度にものぼるのだとか。それだけ皆さん場所の検索をしているのです。地図を制するものは検索を制す。

ちなみに、ゼンリンはTOTOと並んで北九州市に本社を置く超優良企業。

アルプス社
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E7%A4%BE

ゼンリン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3
現在の社長は和田英将 ウィキペディア
時価総額
657 億円

業績