新着Pick
23Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
銀行は財政再建を信じてマイナス金利の国債を買っていると述べられているが、実際は資金繰り(余った預金の置きどころがないから)で買っているに過ぎない。

銀行が国債を投げ売りして、金利が暴騰するリスクを取り上げているが、投げ売りを迫られるようなALM運営を行っている銀行は、それ以前に相応の行政措置を受けるだろう。

最後に、銀行の安楽死という帰結については、(不良債権が起因か、本業収益悪化が起因かは関係なく)資本不足による劇死以外に銀行の死に方はない。
90年代から企業のフロー(利益とは異なる)が黒字化し、投資不足がある意味事の本質であって、最近のマイナス金利は関係ない。政策論としても、財政支出の話が中心であってマイナス金利ではない。銀行利益の問題は長短金利差がなくなったことであり、長期金利が下がったのが本質であってその原因は量的緩和で長期国債を日銀が爆買いしたからでマイナス金利ではない。ミスリーディングなタイトルは止めるべき。