新着Pick
457Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
スリランカにしてもミャンマーにしても、「急増するイスラム教徒」というのは、実際の数字に基づいた理解ではありません。総人口に占めるムスリムの割合が増えているにしても、せいぜい、10年で1%といった程度です。実態とはかけ離れた数量やイメージが流布していくのは、やはりSNSが大きな役割を果たしています。それは、アジアに限らず、欧米でも起きていることです。
 SNSができる以前から、「~人/教徒が急増してこの国を乗っ取ろうとしている」というのは、昔から洋の東西であった虚像です。ユダヤ人についても、実際の人口とはかけ離れて、こういう虚像が盛んに流布されました。近代になって、この「急増する~人/教徒」のイメージは急速に人々に大きな不安を与えうようになりました。近代国家とメディアによるものです。それ以前は、大多数の人々にとって、自分の村や街区とその周辺が、世界のほぼ全てでした。ユダヤ人やムスリムの商店が隣村にある、程度のことは知っていましたが、さほど問題視しませんでした。
 近代国家になると、国勢調査と選挙が行われ、メディアで数字が広がります。ユダヤ人やムスリムは総人口の5%である、我が国の文化や学術、経済で彼らは大きな役割を果たしている、自分の選挙区の代議士はムスリムである、といったことが知らされます。それは多くの人々が知っていた世界とは異なるものでした。
 ミャンマー(ビルマ)でも、選挙のたびに暴動が起きて、それから何十年も選挙は行われない、ということがありました。「こんなにムスリムがいるはずがない、陰謀だ」というので、仏教徒が近隣のムスリムの村を焼き打ちに行きました。それを煽動する政治勢力や宗教者もいます。
 自分の国の人口構成を知って、ショックを受ける、というのは近代ヨーロッパでもあったことです。ただ、そこから暴動や虐殺に広がるのを防ぐためには、何重もの措置を普段から張っておく必要があります。教育も経済政策も、メディア統制や宗教統制も行われてきたし、中東やアジア諸国でも、おおむね行われています。そういった措置を怠ったり、暴動を政治利用しようとする政治・宗教勢力に好き勝手にさせるべきではないのですが、そういった勢力が時に政治を恣にします。予防措置では、NGOや宗教団体も参加できますが、やはり政府が積極的でないと難しいです。SNSは、いずれの場合でも、その道具に過ぎません。
パソコンを経ずにスマートフォンでインターネットに接続されたミャンマーやスリランカの人々にとって、Googleで検索するより流れてくるFacebookのタイムラインを眺めている、というのは合点がいきます。

そして昨日の第二回でもあったとおり、ユーザーを増やすべくデザインされたFacebookというプラットフォームは、「人々の興味を引くもの」をプロモートしていくように設計され、故にネガティブな感情を引き出す投稿が高いエンゲージメントを生んでいる、というのも恐ろしい話。

全3回、改めて学びの多い特集です。ぜひご一読ください。
北川氏のコメントを読み、記事の真実性に関してすぐに判断できない自分の教養のなさを痛感しました。

海外では、日本とは違い宗教、政治、民族問題が複雑に絡み合っており、どのように関係しているのかが分かりにくく、本質的な原因を探るのは非常に難しいと思います。

日本ではなかなか報道されない宗教問題と、それに対する現地をよく知っているピッカーさんからの現地情報とコメント、大変勉強になりました。
NPならではだと思います。
根本原因は政治や社会構造、歴史的な経緯などにある場合でも人々の感情がSNSによって突き動かされ、行動に転化してしまうというケースがあるものです。もはや、それが真実かどうかよりも、もっともらしい言説であること、あるいは、沢山シェアされたりすることで、よく考えればおかしなことでも、もっともらしいと感じてしまう。

ロヒンギャ問題については、NewsPicksでも何度かオリジナル記事を出しています。

まず、こちらがロヒンギャ問題とは何か、ついて歴史的経緯を整理し、現状について現政権、武装勢力のそれぞれの立場から分析したものです。対話形式で書いてあり、理解しやすいと思います。本記事にもあるようにアラカン・ロヒンギャ救世軍について触れています。また、掃討作戦の本質が何だったのか、スーチーが「冷たい」と言われてしまう理由と彼女のジレンマなど。
「【ミャンマー】アジアのラスト・フロンティアで起こる人道危機」
https://newspicks.com/news/2943014

そして、こちらは、一部、本記事の筆者の海野さんと連携して書いた、難民問題に焦点をあてて書いた4回連載です。
「【日本】難民問題がもはや他人事ではない理由」
https://newspicks.com/news/2646347

【人権】世界から非難、オーストラリアの無慈悲な難民対応
https://newspicks.com/news/2646352/

【ロヒンギャ】「緩衝国」マレーシアへの期待と見えぬ将来
https://newspicks.com/news/2646353/

【オピニオン】日本人が知らない、難民への日本の貢献度
https://newspicks.com/news/2646355

これ、2017年12月に書いた記事でした。もう随分前ですが、1年4ヶ月経ってどの程度認識が変わったのか。まだまだと感じています。
宗教と民族の関係は密接につながっている。大半が◯◯教徒の国に、違法入国するXX人、という構図が恐怖を煽り立てている。そのXX人がその国民にとっては異教徒になる。

宗教という名を借りた異国人排斥運動の構図ですね。異国人の侵入と拡大を防ぐのに、宗教は格好の理由づけになる。神の教えに基づいて・・・・・しなければならない、と。

その思想を拡散するのにフェイスブックが使われている。フェイスブックはそれを監視し、削除することができない。昔の辻説法が、今は憎悪フェイクSNS説法になって瞬時に拡散する。憎悪やフェイクを見抜く力をつけなければ。
インターネットとはFacebookである。とても印象的な言葉。
とりわけミャンマーにとって、SNSが怪物のような憎悪が育まれる場所であり続けるか。それとも憎悪の連鎖を断ち切る希望となるか。
全3回の連載は知らないことばかりで、本当に勉強になりました。素晴らしい連載だったと思います。
ほぼ無宗教な日本は実はこの問題においては世界へ一つの答えを示しうる存在。
日本に住んでいると自覚が薄くなると思いますが、「長期的に宗教と国家/人々がどういう関係性になるか」という観点では、世界から見てかなり特殊で個人的には人類の中で先進的な国だと思います。

なので、本当は何か積極的な役割を果たせるといいんですけどね。
希望を紡ぐのもまたSNS…結局は使い方次第と言ってしまえばそれまでですが、強い感情ほど拡散も早いし、それは往々にしてマイナスのことが多い。

バイアスを理解してコントロールすることは必要なのだろうと思います。
固定電話から一気にスマホに移行したためか、ミャンマーではインターネットの概念が普及していなかった。そういうときにリアルのつながりから口コミで広がっていくSNSは強いですよね。
全く知識のない人が読むには情報詰め込み過ぎかも😥