新着Pick
534Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宗教間の紛争は、小さなきっかけであっという間に勃発します。民族間紛争もそうですが、店の前に車を止められて邪魔だから抗議したとか、道でぶつかったとか、そんなことからどんどん広がっていった宗教間、民族間の紛争はいくつもあります。マレーシアで路線バスに乗っていて、華人のチンピラがヒンドゥー教徒の婦人をからかった、というので、ヒンドゥー教徒の男性たちが一斉にガタっ、と立ち上がったのを見たことがあります。
 もちろん、個人同士のトラブルはどこでも起きるものですが、それが紛争に広がりかねないのが多民族・多宗教社会です。多民族・多宗教社会は、どうしても偏見や不安という火種を常に抱えています。小さないざこざでも、噂が広がり、双方が仲間を呼び、過激宗教組織や民族組織が介入し、その日のうちに死者の出る衝突になったりします。
 こういう、衝突が広がっていく仕組みは何もSNSができて始まったことではなく、大昔から繰り返されてきたパターンです。隣村の~人の誰それは魔女である、~人が子供をさらった、~人が疫病の発生源である、という噂で始まった紛争は世界中にあるし、火種が日頃からの偏見や不安であったことも、宗教組織などが衝突を煽ったりするのも定型パターンです。ロシアや東欧で何度も突発したユダヤ人襲撃も同じだし、20世紀末の旧ユーゴスラビア紛争でも多くの戦闘の始まりはそういった過程です。スリランカもまた、同様の火種を抱え、昔から多くの紛争が起きています。
 米国は多宗教、多民族社会であることで世界中から人材を集め、その強さを誇っていますが、本当に米国のようになれた国は他にはありません。衝突の発生を防ぐためには、多方面で何重にも予防する仕組みを設けておかねばなりません。それは偏見と不安を防ぐ教育であり、政府による宗教の管理であり、民族間の不均衡を防ぐ選挙制度や経済政策であり、時に強権的な治安維持も含まれます。そこにSNSの使い方の教育、あるいは法律による規制も必要、ということでしょう。フェイクニュース自体は中世の魔女の噂話と同じものですが、噂を高速で広める手段が一つ増えた、ということでしょう。
今こそ、E・サイードの「イスラム報道」と「オリエンタリズム」を再び紐解くべきです。その後、どちらも批判が存在していますが、宗教や異なる文化を理解するための重要な視点がふんだんに入っていることには変わりがありません。

C・ギアツ「劇場国家論」、B・アンダーソン「創造の共同体」、E・ボブズホーム「帝国の時代」、F・ブローデル「地中海」も必読。私たちの民族や宗教、国家に対する認識がどのようにして作られているのか、あるいは、政治やメディアによって作り上げられてしまうのか、そして、本来はどう理解すべきなのか、とてもよく分かります。

全て日本語で良質の翻訳が出版されています。これらの書籍は、一過性の、センセーショナリズムに基づいた、薄っぺらい報道や、SNSの流言に惑わされない、歴史や民族、国家、宗教をみる軸を形作ってくれるでしょう。

ソーシャルメディアのない時代から、メディア、もっと言えば、口コミや流言などは存在しました。SNSによって、その形態や伝播する早さが変わったと考えられるでしょう。

それにしても、メディアやテクノロジーが変わっても宗教や民族、異文化に対する、誤解を生む本質的な仕組みは変わりませんね。日常的には、異文化や異なる宗教に対する理解や平和的共存が大切と言いつつも、塩崎さんが指摘されるように、ごく些細な火種が、一気に大火となってしまうことは、多少に違いはあれども、本当に変わらない課題であるし、人類が学ばないことの一つ。
ソーシャルメディアを介した“現代版・宗教戦争”がひっそりと過熱し始めている実態が明らかになる、「教養」としての宗教戦争の第2回です。

これを読むと、いかにも解決が難しい、ということが直感的に分かり、とても重い気持ちになります。そして、自分の身に降り掛かったときに、フェイクを信じないと言えるかどうか。
せっかく世界が繋がり、様々な角度の情報が入るインターネット、SNS時代なのに、ある意味、昔のプロパガンダ時代と変わらぬ事が起きている恐ろしさ。

何ごとも、真意を確かめてが重要でありますが、実はこれかなり難しい事。
普段、情報を発信するのに不安になりネガティブリサーチから、専門家へのインタビュー(これもセカンド、サードオピニオンまで聞いても)言い切って大丈夫か分からない事が。

特に宗教や同胞、感情論が混じり、疑心暗鬼なったり、見たいように相手を見がちになると、わずかなフェイクニュースがどんどん変貌していきます。(身近な「噂」でもそうなのだから…)
もはや世界の問題、どうしていけばよいのでしょう。
世界で起こっていることを本当に知らないんだなぁ、と身につまされる取材記事。一説では、シンガポールと比べて、日本で得られる国外のニュースは5分の1から10分の1なんだとか。

信じるのであれば、噂や偶像ではなく、真実や道徳でありたい。束ねるのであれば、憎悪や恐怖によってではなく、信頼や未来への希望でありたい。 リテラシーを磨きつつ、情報の持つ力に自覚的にならないといけないですね。
このレポートから、ほんの些細なことが原因で、宗教戦争に発展することがわかりました。個人間の争いを、宗教という名に置き換えた途端、憎悪の波が拡大する。恐ろしいことです。

ソーシャルメディアのフェイクニュースを信じる人たちがなんと多いことか。冷静に真偽を確かめることなく、拡散していく。悲しいことです。
過激な情報、激情を生むような情報を、人間は根源的に求めているのだと思う。だから発信者が物理的に少なかったネット以前の時代でもタブロイド紙などもあったし、今でも存在する。そしてそれが容易に誰でも作れるようになったし、根源的に欲求があるものだから、拡散もしやすい。それが様々な不幸につながっているし、程度の差はあれ、世界中で起こっていることだと思う。
不安が増す時代に、何を基に平穏や協調を築いていくのか、そこに向き合わざるを得ない。
ちょっとした行き違いを決定的な対立にまでエスカレートさせてしまう恐怖。また、これを意図して行う者さえ 現れている恐ろしさ。

過去の様々ないさかいも多かれ少なかれ似たようなところはあるのだと思いますが、SNSによってその頻度や深刻化のスピードが上がってしまっているのは事実なのでしょう。程度の差こそあれ、日本でも同じような様子は散見されますし…
相互理解と教養が無いと憎悪が憎悪を呼ぶ。他者に自分の尺度で、何かを押し付けたり、何かを禁じるのは難しい事がよくわかる。無宗教で、節操が無く、他者に対応していける日本も悪く無いと思う。勿論海外からのお客様への理解とおもてなしの精神があってこそだが。
今まで接してきたイスラム教の人たちはフレンドリーで、国や人種を超え同じイスラム教との団結力も強く、平和が好きな人達が多い、争い事を起こしてるのはその内のほんの一部の人達だけで、それがやたらと注文をされて、全体の評判が悪くなってる