新着Pick
223Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
他社のアプリ経由で個人情報は漏れている。Appleの純正アプリだけを使用するのは現実的ではない。
事あるごとに批判するGoogleやFacebookのアプリをリジェクトしない時点で、個人情報保護は形骸化している部分があると思います。
Appleが、GAFAと一括りにされるのをとにかく嫌だと思っていることはよく分かります。
それを如何に表現するかにかなり力を入れているように感じています、最近。
クレジットカードを発行するパートナーにGSを選んだのもその一つですね。
GSが、GAFAレベルの個人情報ではビジネスをしていませんから。
こうした話題を論拠としてGoogleやFacebookを糾弾する論陣を張る事は、僕は由としていません。何故ならGoogleやFacebookが「無償で」サービスを提供するにはそれなりのリソースを捻出しなければならず、その「無償の代償」がユーザの行動情報なのです。僕は必ずしもこれを不当な対価だとは思いません。

こうしたプライバシーの問題の一番基の根は、我々ユーザのリテラシーです。リテラシーが高いユーザがGoogleやFacebookを利用するにあたってこうした個人情報の商用利用を由とするなら、これは完全な合意です。翻ってリテラシーが高くないユーザが、自分の個人情報がどの程度まで利用されているかも判断できずに無償で多機能だというだけでGoogleやFacebookを利用している状況というのが問題な訳です。

ですから、こうしたビジネスモデルをGoogleやFacebookが継続し続けるのであれば、ユーザに対してエデュケーションをする暗黙の義務を負っていると考えるべきでしょう。これはアラートで情報の利用範囲を告知するという意味ではなく、ユーザがGoogleやFacebookの立てたトレーナーやアドバイザーに対して逐一自分の情報の有りかや使われ方を積極的に学べる場を作るという事です。
不用意に、いつ使うかも曖昧な顧客データを取れるとか言って新規事業考えるのダメだなと改めてこれを読んで感じました。
センターコンピューティングとエッジコンピューティングは行ったり来たりする。

また情報開示と非開示も行ったり来たりする。

エンジニアリング側の話もあるが、基本的には利用者の閾値で行ったり来たりしてるはずで、そこラインがどこなのか。
たぶん50%超えてきたあたりでどっちに行くかという判断が必要なのだろう。

今後そのスピードはより加速することから、結果として役割付が一定できてくるかもしれないが。
プライバシーやセキュリティといった「心の弱み」につけこんでいるのか、本当にポリシーを持って臨んでいるのか、どちらなのでしょうね。

Appleなので、後者であってほしいのですが、最近の商品の魅力から考えると、製品企画や機能、性能では勝負できなくなってきたので、以前からこだわりがある、この分野で差別化を狙っているような気がしてなりません。

そうならないためには、iPhoneが「電話の再定義」をしたように、そろそろ全く新しい、世界を変える製品を世に送り出してほしいです。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
99.3 兆円

業績