新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
時代だねー。賛成。
人気 Picker
段々そういう時代になっていくということでしょう。

ちなみに禁煙と言えば、うちの会社は喫煙者が1人もいません。それどころか採用に関しても喫煙者はどんなに優秀でも入社までにプライベートも含めて禁煙することを入社条件にしています。理由は以下4つ。

1.社員の健康のため(健康のためにはプライベートにも踏み込みます)
2.業務時間の効率化(タバコ休憩の時間は非効率+禁煙者にとってはその休憩がないので不公平)
3.喫煙場所の設置は非効率(もっと場所を有効活用したい)
4.職人的味覚の維持(クラフトビール メーカーなのでビールの味を日常的に評価している)

140人程の社員全員タバコを吸いません。世間的には賛否両論あると思いますが、うちが造るビールの味同様、個性的な企業文化なので仕方ありません。
2人目以上の子供を設けたら、お祝い金として多額のボーナスを支給してください。

そっちの方が先ではありませんかね?
喫煙する人と、喫煙しない人たちが対立するような構図が変だと思いませんか?互いに人権を主張しても、喧嘩別れに終わるだけです。

大事なのは「ルールを決めて、そのルールを守る」ということではないでしょうか?

米国でも、「喫煙者のための喫煙場所」はゼロではありません。
というか、例えば、国際的な集まりがある場所などには、意識的に設置されています。

喫煙しない人にインセンティブはありませんが、喫煙場所以外のところで喫煙した場合、その人にペナルティが課せられることに加えて、喫煙所が撤去されるといったペナルティもあるようです。

互いの人権侵害を訴えて対立するより、互いを理解して共存することを考えるべきだと思います。
ストレートに言うと、この手の議論はホントに恣意的かつ幼稚な話しか出てこない。
嫌煙者から見たら臭いか臭くないかって話だけなんですよね、実は。私もタバコの臭いは苦手だったりします。
(そう言う方ほど、もっと臭い大麻はOKなんて随分面白い事言ったりしてますが)

ここで、企業的には高効率に利益をあげてくれる社員が必要です。
その為にどうすべきかをみんな一生懸命考えてます。

昨今は働く方のウェルネスが生産性向上に効くため、そこに力を入れていくのが当たり前となっています。

照明や空調、見た目の雰囲気が生産性に多大な影響を与えることがわかっています。
更には多くの属性(人種、ジェンダー、ヒエラルキー他)の方々による多様性も重なり、何かを制限するよりも多くをフラットに受け入れる方向になっているのは皆様もご存知かと思います。

で、利益を上げてくれる社員が、快適に業務を遂行して結果を出してくれさえいれば、OKですよね。

なぜ禁煙でボーナス査定UP?意味不明です。
健康とストックオプションを組み合わせている事例も出ています。

太ったらストック・オプション没収です。攻めるFiNCの資本政策【SO設計編】
https://note.mu/tasuku_yamaoka/n/n1517d1b58206
喫煙と健康について簡単にまとめておきたいと思います。

タバコは「予防できる死亡原因」のうち最も多いものです。すなわち、禁煙は最大の予防医療とも言えます。毎年世界で600万人の方がタバコが原因の病気で命を落とします。喫煙者の最大半数までの方は残念ながらタバコが原因の病気で命を落とすことになってしまいます。その病気として、動脈硬化性疾患、肺がん、COPDが3大疾患と言われます。

禁煙をすると、心血管疾患、数多くのがん、肺疾患、感染症、骨折のリスクを著しく低減されることができます。また、死亡率も低下させることがわかっています。特に40歳より前に禁煙ができるとその低下率はぐんと伸びることが知られています。

一方、禁煙の「副作用」としては、ニコチン離脱症状、体重の増加、食欲増進、うつ、不安、不眠などが知られますが、全て一時的な現象であることがわかっています。

喫煙習慣にはニコチン中毒が関連していることもあり、禁煙が環境調整だけでは難しい場合もありますので、ぜひ医療機関を訪れ、「禁煙外来」を有効活用してください。薬物療法と認知行動療法の組み合わせが禁煙治療に最も有効であることが知られています。
いよいよ禁酒法、いや禁煙法の時代。喫煙歴45年の私もモットーは、受動喫煙には細心の注意を払うこと、自分の健康には自分で落とし前をつけること。
専門家の99%は、喫煙にダメ出ししていますから、そうなのでしょうね。
でも、私は禁煙するつもりはありません。
もうボーナスには無縁だし、ああ、良かった( ^ω^)・・・
提供サービスの禁煙措置や勤務時間内の喫煙禁止は合理性がありますが、勤務時間外は拘束外なのですから、あくまで勧奨に留めるべきですね。
拘束内ならともかく、国が法律で認めている嗜好品をプライベートに利用することを認めないのは立派な人権侵害。一部の反喫家はこの点鈍感。
禁煙は賛成だが、ボーナス査定アップは反対だな。

結局、自分で理解して行動しない限りどっかで吸いますよ。

ルールは大事だが、喫煙に関しては個人の趣味趣向が大きく影響する。

喫煙者は採用しない。の方針の徹底しかないのかなー。

ちなみに自分自身はタバコは嫌いなので吸いません。
> 目標を達成した管理職は“ボーナス査定をプラス評価に”!

管理職は絶対にやめろ、というメッセージでしょうか?
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,276 億円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.98 兆円

業績

ジョナサン(Jonathan's)は、株式会社すかいらーくレストランツ(持株会社「すかいらーく」傘下の事業子会社)が運営する都市型ファミリーレストランチェーン。また、株式会社ジョナサンは、同社の子会社で、2011年12月31日までこれを運営していた企業である。 ウィキペディア

業績