新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
スマホやウェラブルデバイスの普及によるネット接触時間の24時間化は人類初の経験。この記事は論理的だが、人類初=広告産業初の経験中な訳で何とも評価しにくいね。
人気 Picker
Googleの2013年通期の営業利益は1.3兆円ですよ?時価総額38兆円、PERは29倍です、たったの。
コカコーラ並みの鉄板すぎるポジショニングを考えれば、この先成長が止まったとしても29年間分の利益、それほど高いと言えるのだろうか。
米国売上は44%。世界経済は特に新興国中心にぐんぐん伸び、広告市場はずっと成長が続く。しかもアンドロイドの課金は広告だけではない。コンテンツ課金ですよ30%も。
Facebookの通期の営業利益は2800億円!時価総額15兆円、PERは102倍。これは急成長期にいるのでこんなものでしょうね。こちらも広告だけではないでしょう、ユーザ課金含めて何でも出来る立場にいる。株価を論じるのは避けるとしても、どこまで先まで彼らの成長と収益を織り込むか。
必ずパイは有限なはずなので気になる論点ですね。後は市場創出余地がどれだけあるかも同時に見る必要がありますね。ちなみに広告とは無縁だったうちの嫁さんがやってるしたない町の洋服屋もこの前初めてFacebook広告を使ってました。これも一つの市場創出だったり。
そう遠くない未来に、テレビや新聞などの4マスメディアもスマートTVや、電子版などネット化して、ネット広告とマス広告の垣根が無くなるんじゃないかと思う。そう考えれば、広告市場のパイはもっと大きくなるし、まだまだ成長の余地があると考えていいはず。
そうなのかな。。これらのサービスは新興市場で爆発的に広がってるだろうし、単に広告だけでなく企業のマーケティング活動全域に必要なものになるだろう広報も含めて。まぁそれ以上に、いつかはユーザー課金をうまく立ち上がらせることができると期待されてるんじゃないんかな。詳細まで読んでないけど。
パイの拡大は、新興国の成長次第、と考えます。特に、アフリカ、南米、とか成長余地があるエリア。

先進国では、広告のターゲットにダイレクトにアクセスできるようになる、でしょうから、効果検証できない広告から、効果検証できる広告にシフト。
結果、無駄な広告が減り、パイは若干減る、ような気がします。

ただ、広告費の費用対効果があがりそう、と考えます。

そして、そういう未来見越して、グローバルな買収に動いてるのがあの会社だな、と勝手に考えています。
確かにマーケットサイズに限界はあると思う。ただ、それは現状の延長線という前提での話し。ネット広告もどんどん進化しているから、単純に現状の計算が限界になるとは思えない。
さらに、ニコニコ動画のようにオールドメディア自体に侵食するビジネスもあるしね。
完全にテレビから遠ざかることは無くとも、間にネット企業が入って広告のパイを奪って行くことは十分あり得るかと。市場が期待しているのはそこでは?
バロンズの記事と数字を読んでいないので何とも言えないけど、チェックしてみよう。相場の後追い記事かもしれないし。
確かに、これがバブルだとして弾けたらヤバイと思う。ただ、まだまだマーケットはあるし、先進国でもまだまだ伸びる余地がある。そう悲観的になる必要は無いと思う。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
55.9 兆円

業績