新着Pick
320Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
逆流性食道炎がある場合は寝る「角度」が重要です。ホテルで大きな枕が複数あるのは、逆流性食道炎の人が角度をつけるためだと聞いたことがあります。
入眠時や熟睡時に、ベットの角度が変わるのが売り。

ただし、ベッドが19万、マットレスも19万と、とにかく高い。初年度の販売目標が4億円ということで、1000セットの販売。メインは法人需要ですかね。
こういうの好きだわ。
眠ってる時間って何だかんだ1日5時間くらいはあるので、そこへの投資は理にかなってると思うし。
眠りのクオリティが上がるテクノロジーってすごく良い。
面白い!1日の3分の1から4分の1を占める睡眠時間の質が上がれば、健康へのプラスインパクト大。あとは、どんなデータをとって、どう使っていくか、の拡張性が出てくると、まじめに医療用途に近づきます。
センサーのでき次第という印象。

センサーと合わせて25万円程度なら、買う人は多いと思う。特に高齢者。彼らの懐は非常に裕福だ。

ただ、本当に有効かどうかは、まだわからない。

昼間の運動や良質の食事の方が有効ではないか。
誰もが人生の20〜30%が睡眠に費やします。
だからこそ快適な睡眠、生産性ないけれど絶対に必要な時間だからこそ生産性のある睡眠が必要ですよね
心不全や喘息があると頭上げて寝た方が楽ですね。逆流性食道炎の方も。

寝たことを感知して頭を下げられてしまうとしんどくて起きてしまうかもしれません。

そういった人向けではないのでしょうけど。
わかりやすい、睡眠ライフサイクル対応ですね。
昨年、今年CESでも睡眠はかなりホットだったと思います。
試しが、どこかでできるとよいのですが。
最近枕を変えて、合わなくて、首が痛いので思ったのですが、そもそも頭だけ持ち上げている状況ってなんか変だなと。上半身全体が持ち上がった方が自然な気がしてました。
この商品、コペルニクス的転回かもしれませんね。
ペインポイントは、ど真ん中の大正解。

ソリューションは、力任せでスマートとは言えない。

これも解のひとつで、市場もあるとは思うが、よりスマートな解があるはず。

あと、もう一捻りあると、すばらしい製品が完成しそう。