新着Pick
1846Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
仕組みを理解するのは重要なことですが、本来ならプログラミングがわからなくてもモノゴトが動作するような世界観を目指すのが合目的的ではないですかね。世界はもはやソフトウェアでできておりそれができないとビジネスにならない一方で、次第にコモディティ化していくことが必定のソフトウェア産業の裾野は、社員であってもプログラミングができなくても良いようにすることではないんですかね?
英語とはその存在や位置付け、コモディティ化の度合いなどが本質的に違うので、"言語" とくくるなかれ、と思いますけどね。
人気 Picker
日本でプログラミング教育が盛り上がるのと対照的に、プログラミング不要のツールや自動化ソフトウェアが今やテックトレンドの一つになっています。言語もどんどんアップデートされるので、生半可でやってもエンジニアとしては使い物にならない。ましてや機械学習の現場では生データを触ってないと戦力にもならない。

プログラミングを学ぶことの本質は、その論理的思考力を鍛えること。そしてソフトウェアが動く仕組みを理解すること。

日本で最もニーズが高く、価値があると思われるのは、未だ経営層の多くを占める文系人材が適切にエンジニアと会話できる、最低限のプログラミングリテラシー。全員がPythonを書ける必要ないが、データサイエンスやソフトウェアの中身を大まかにでも理解しておく事は、確かに全社員に義務化する価値がある取り組みと思います。
米国でRakutenさんを見ていると、三木谷さんの「英語の社内公用語化」は、大成功だったと確信します。

今回の「プログラミング」も正解でしょう。言語はどうあれ、「ソフトウェアでできること」を理解できれば、ものごとの見方や考え方も大きく変わります。

たぶんPythonあたりの言語が良いのでは?と思います。

「社員全員が英語でコミュニケーションできて、プログラミングの基本を理解している企業」...これは、相当足腰が強い企業になれるでしょう。
Java?というツッコミは無用ですね。そもそもJavaって何?という人が圧倒的に多いですから極論なんでもいいと思います、
厳しいように思えるかもしれませんが、こうして尻を叩かれないとやらないのが多くの人間です。

英語とプログラミングを学習するのに「良好な職場環境」だと評価したいです。

学校の勉強でもそうでしょ。
試験なしの授業だけだったら、誰も勉強しないんじゃないでしょうか(笑)
JAVAだったのは意外。

私たちは理系の1年生向けに下記のような講義もしています。Pythonの基礎を勉強した上で、単にプログラミングするだけだとつまらないので、プログラミングも学びつつ
・東大入試の数学の問題を数値計算的に問いてみる
・ボイジャーのスイングバイを成功させるためにはいつどこで角度何度で打ち上げるといいか
・ペットボトルロケットを遠くに飛ばすにはどうしたらいいか
・井の頭線が加速・減速性能を最大限に発揮して本気だすと渋谷~吉祥寺を何分で走るのか
・消防車の中で患者さんにサイレンの音が聞こえないようにするためにはスピーカーをどこにいくつおけばいいか
など、身近な数学・物理の課題を題材にシミュレーションや可視化まで体験してもらっています。
【異なる立ち位置を共通言語で繋ぐ】

楽天ピープル&カルチャー研究所では、楽天の人と組織についてのR&Dを担っており、本件もスコープ内。
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0928_01.html

グローバル化に向けた重要課題を解決するための「公用語英語化」と、真のイノベーションカンパニーに向けた課題を解決するための「テクノロジードリブンカルチャー醸成」は構図は全く同じです。

"イングリッシュナイゼーション(公用語英語化)"
=機能: 英語ネイティブとノンネイティブ協働促進のための土壌づくり
>実利的効果: 世界中の人脈、人財、情報、M&A、パートナーシップの活用

"コードナイゼーション(プログラミング必修化)"
=機能: エンジニアとビジネス人材協働促進のための土壌づくり
>実利的効果: ビジネス人材→テック人材転換輩出、若手の適応柔軟性や情報優位性向上による経験値ヒエラルキーへの揺らぎ(フラット化)、未来志向人材へのアトラクション・リテンション

関係論的には、段階的に属性間のコミュニケーションギャップを埋め合わせることが、結果的にサステナブルな組織開発に繋がります。どちらか一方だけではなく双方向へのアプローチし、融和を導くことが本質と捉えます。

つまり、公用語英語化に擬えると、英語が話せない側が英語を身に付けるのが第一段階。英語が出来る側が、より良い協働に向けた工夫をするのが第2段階(プレーンな英語を話す、英語が苦手な人からも意見を引き出すファシリテーションなど)。共通言語やコモンプラクティスを周知徹底し、属性間のコンテクストを蓄積し意思疎通を早める第3段階。

テクノロジードリブンカルチャーに擬えると、ビジネス人材がアーキテクチャー、プログラミング、先端テクノロジーを理解し日常業務で違和感なくナレッジ活用出来るのが第一段階。エンジニア人材がビジネスモデルやスケーラビリティに興味を持ち、組織貢献と自己実現のバランスを取りに行けるのが第2段階。双方が尊重しあいつつ、踏み込んだネゴシエーションからブレイクスルーできるのが第3段階、と言えるかもしれません。

いずれにしても、世の中の先を見てGet things doneの精神で正解にしてきたのが楽天グループ。課題は山積ですが、成果に乞うご期待!
英語公用語化も開始当時に批判がありながら、長期継続して結果を出している。
『楽天は「英語公用語化」でどう変わったのか | 英語学習 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 -』
https://toyokeizai.net/articles/amp/248186

プログラムを出来る人を集める為、プラグラマーとのコミュニケーション力を向上させる、という側面が強いかもしれない。現在の社員を戦力にするというよりは。

今回も結果を見てみないと、正しい評価は出来ないと思います。
Java?
楽天本社に行くと三木谷さんが昔書いたコードが展示されています。いろいろ思うところはありますが、とはいえ、コード1行も書いたことない経営者がほとんどな中で、1行でもコード書く経験は必要かとは思います。
これは、聡明!

Lyftといい、Viberといい、グローバル投資の成功が目覚ましい楽天。次なる施策としてプログラミングをも普及させるとは…!これは本当にすごいぞ👀

業績