新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年も前に離脱日を決めたのだから、もし延期なら正統な理由が必要というのは当然であって、今になって言われ始めたことではない。ともあれ、EUのマルガリティス・シナス(Margaritis Schinas)報道官は、英国側に対して、「次のステップを決定し、速やかにEU側に伝えるように」と訴えた。また、フランス政府は、離脱延期は明白でも自動的でもないと声明している。いずれにせよ、ただ30日伸ばせという英国側の要求には無理がある。何の見通しもない短期延期は認められない可能性が高い。そして、延期に起因するコストも問題になるだろう。
「正当な理由」って、どんな理由なら承認されるのでしょうか?
イギリスにとって正当な理由って、自分達の段取り調整の不始末は見て見ぬ振りみたいな言い回しが必要なのでしょうか?
または、EUにとって正当だと思える理由ですかね?

なんとなく、官僚主義が蔓延るEU本部の体質が伺えるやり取りです。
世間の読みどおりの回答だが、ここはUKに貸しをつくって、EUが大人になるべき。

たぶん、その線も考えているとは思うが、簡単に認めては、UKへの貸しが少なくなってしまうので、当面、このような姿勢を継続するだろう。

UKが離脱してもEUには、大きなメリットはないので、面子とプライドだけ。
したたかにEUのメリットの最大化を狙い、大人の対応を期待。