新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
JAXAのプレスリリースはこちら。

小惑星探査機「はやぶさ2」観測成果論文のScience誌掲載について
http://www.jaxa.jp/press/2019/03/20190320a_j.html

『Science』に3本同時掲載というなかなかお目にかかれない快挙です。ニュースになっているのは2番目のものですが、3つそれぞれ概要は以下になります。

1. 「はやぶさ2」のリモート観測から小惑星リュウグウの形状形成過程に迫る
リュウグウは、破壊された母天体の破片が再集積して形成された瓦礫のような天体で、独特なコマの形は過去の高速自転により形成された。

2. 「はやぶさ2」の近赤外分光計によって観測された小惑星リュウグウの表面組成
リュウグウの表面には含水鉱物の形で水が存在すること、リュウグウの表面組成は均質であることが判明。サンプリングする場所に影響されず、サンプル分析でリュウグウ全体の様子を推定できそう。

3. リュウグウの表面地形、多色画像、熱物性から探る母天体の進化
1で出てきた母天体として、リュウグウはポラナないしオイラリアから産まれた可能性が高い。ポラナとオイラリアは、地球に最も多くの破片を供給してきたC型小惑星であるため、生命誕生を知る上でリュウグウのサンプルはやはり貴重な存在になる。

それぞれの論文はこちら。『Science』にしては珍しく無料で読めるので、写真を見るだけでも楽しめます。
http://science.sciencemag.org/content/early/2019/03/18/science.aav8032
http://science.sciencemag.org/content/early/2019/03/18/science.aav7432
http://science.sciencemag.org/content/early/2019/03/18/science.aaw0422
この地球に生命を誕生させた海水は、リュウグウのような小惑星が誕生直後の地球に衝突したことで運ばれた、という仮説があり、それが最も有力だそうだ。その検証のため、りゅうぐうから石を持ち帰るのが「はやぶさ2」の使命。
近々、プロジェクトマネージャー津田雄一さん(JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授)にお目にかかり、お話を伺います。今、一番の楽しみ!
このお話の続きが楽しみ。
http://horiemon.com/talk/73035/
小惑星の本質的な特徴がよく見える研究だったのではと思います。
小惑星や彗星は、太陽系ができた46億年前からほとんど姿形を変えていないと考えられ、貴重な資料とみなされていますが、小惑星は太陽系誕生当時多くの惑星衝突を経験して、いわばその破片として漂っていると考えると非常に理解しやすくなるということだと思います。含水鉱物ができるには、たとえば地球で言えばプレートの沈み込み帯のような、高温高圧の環境がなければなりませんが、太陽系誕生当時は多くの微惑星がぶつかり合い、微惑星同士がくっついたり、激しい衝突で粉々になったりしました。水が含水鉱物に姿を変えているのは、このころの激しい衝突を物語るものではないでしょうか。
なお、彗星については特にハレー彗星がよく観測されており、これについては水が凍った形の氷として存在していることが示唆されています。彗星は惑星衝突による破片が由来ではなく、太陽系誕生当時に最初に発生した微惑星を祖先に持つのではないかと考えるのが自然です。

また、太陽系の誕生初期に、すでに現在の水星軌道や金星軌道のあたりに大きな岩石型の惑星がすでに誕生しており、ここに木星や土星が太陽系の外側から移動してきたために内側にあった岩石型の惑星たちをかき乱した、とする説が現在有力になっていますが、太陽系形成の過程についても一定の示唆を与えてくれる結果であると思います。
地球のあたりでは水はそのままの姿で存在すると太陽の光で蒸発してしまい、蒸発すると(大気がない場合)宇宙空間に流れていってしまうため、水がどのような形で小惑星の中に取り込まれているのかについては注目を集めていました。含水鉱物というのはそれに対する一つの答えになり得ます。
この発表があった学会@ヒューストンに来ています!タッチダウンのビデオが流されると会場から大拍手が起きました!
コメント遅れました(汗) 地球の海が、降り注いだ小惑星の水分でできた? そんな壮大な仮説が検証できるかもしれないなんて、サイエンスの醍醐味です!
水の発見も凄いですが、あんなに離れているのに、こんな絵を描けるほどの情報を地球まで送っているはやぶさ2号も、改めて凄いんですね❗️
戻ってきたら、新しい発見がたくさんありそうです。

はやぶさ1号と同様にはやぶさ2号のニュースを熱心に読んでいた父の遺影に、はやぶさ2号の記事を飾ってあげようと思います。
水!ジャーナルもScience !
「はやぶさ2による小惑星りゅうぐうの上空からの観測」とのこと。
次の着地点を水のあるところにしてほしいけど、平なのかな。