新着Pick
201Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
総務相の「指導」を受けての「料金プラン見直し」は年中行事で、適用範囲の狭い安いプランを作ってお茶を濁す、というのがいつものことですが、今回は本当に大きく下げるのでは?という観測も出ており注目しています。秋に参入する楽天さんはどうなるかでかなり大きな影響を受けますね
現在のドコモの端末割引額(MNP)
iPhoneXR64GB -72,576円(実質価格25,920円)
一か月あたり3,024円割引

現在のドコモのスマホ料金プラン支払 個人最安値(1GB)
一か月あたり3,980円

分離で同等にするなら、果たしていくら?
月額956円のプランを用意する?んなわけない。

そりゃ、みんな今駆け込みますって。

〈追記〉
最近iPhoneに関して販売不振から特に割引されており、
更には販売店インセンティブもあるので、実質もっと安く入手できます。

分離プランでココまでおトクな形には絶対ならないでしょう。
となると、一体何のための分離プランか、って話になります。

タイミング悪いですね。

総務省的には、「分離させたぞ!」
ドコモ的には、「総務省に言われたから分離させたけど、お得にはならないよ」
という、消費者を全く見てない愚策になる事を危惧します。
各キャリアの、契約するときに初月無料とかでついていて、外すのを忘れさせるサービスのモデルをもうやめてほしいです。そういうことの積み重ねが、マイナスの積み重ねになっていると感じます。
情報産業における寡占について、市場の失敗ともいえる料金設定を、政府が介入して是正していくことは評価したいです。インフラの二部料金制であれば、政府指導で良い改善が期待できそうに思うのですが、民間として生産者余剰と消費者余剰をどう考えるのか気になります。現在のスマホは総額にすると支払いが高い、とは個人的に感じます。
通信インフラとして、ドコモの動きは注目(MVNOとどっちがいいか論はさておき)。来月の発表も注目。
しょっちゅう料金改定してるけど値下げの恩恵受けてる気がしないのは何故なんでしょうか?台数減らしますよ、こうなったら。
「docomo with」に関しては総務省から出た指針の中で見直しを迫られていたもの。今月中にプランを発表して4月から新プランというのが既定路線にはなっていた。どのようなプランが出てくるかは注目されている。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
8.42 兆円

業績