【鈴木啓太】プロ16年の「感覚」を科学して、起業家になった

2019/3/23
人気プロサッカー選手の“第2の人生”に、起業という選択肢が定着するのだろうか。
長くイタリアで活躍した中田英寿氏(42)は現在、日本酒の会社を立ち上げ、自ら代表を務める一方で、現役の本田圭佑選手(32)は、ベンチャーキャピタルを設立し、エンジェル投資家としての顔も持つ。
こうした中で、浦和レッドダイヤモンズで2000〜15年にプレーし、2006〜08年には日本代表としても活躍した鈴木啓太氏(37)が、ある事業会社を起業し、奮闘している。
企業名は「AuB(オーブ)」。設立は2015年。鈴木氏がプロを引退した年だ。
現在、資本金は8000万円。社員数は、顧問や外部委託を合わせて14人と小規模だが、これからBtoCのマーケットにも参入し、会社の舵取りを大きく変えようとしている。
NewsPicks編集部は、その鈴木啓太氏にインタビューを実施。
元サッカー日本代表は、なぜ起業という選択肢を選んだのか。今後どのようなビジネスプランを持っているのかなど、大いに語ってもらった。
鈴木啓太(すずき・けいた)AuB最高経営責任者(CEO)。1981年、静岡県生まれ。東海大翔洋高校(静岡市)卒業後、浦和レッドダイヤモンズに入団。浦和で、2000〜15年シーズンまで16年間プレー。Jリーグ通算379試合・10得点、日本代表として28試合に出場。2006年、2007年にJリーグベストイレブン(ミッドフィールダー)。2008年、全国のサッカー担当記者の投票による年間最優秀選手。2015年に引退。同年にAuBを設立。(撮影:竹井俊晴)
アスリートの腸内細菌を採取
──AuB(オーブ)とは、どんな会社ですか。
アスリートのうんちから腸内細菌(腸内フローラ)を取り出して、解析・研究をしている会社です。
AuBを設立したのは2015年で、僕が引退した年です。これまでの3年間は研究開発が中心で、とにかくアスリートのサンプルを集めて、それを研究するというフェーズでした。
これまで、サッカーだけでなく、野球や陸上、ラグビーなど26競技の500検体(500人)以上のデータを集めて、香川大学や3つの研究機関と一緒に共同研究をしています。
やっと研究成果も出てきました。
現役時代の経験が起業に結びついた(写真:アフロスポーツ、撮影日:2013年6月30日)