新着Pick
1501Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MBA(経営学修士)ならぬMFA(美術学修士)が注目されているとのこと。右脳と左脳の両方を統合してバランスよく物事を捉えられるから。

思考をジャンプさせるにはアートの実践やアートシンキングが有効。

今回のレポートはアートの歴史とそれぞれのユニークな点について解説されています。歴史を知る、美術館でアートに触れることもセンスを磨くことになると感じました。
> 今、アメリカではMBA(経営学修士)以上に、MFA(美術学修士)ホルダーが注目されてきているという。

一様、東京藝術大学大学院卒で外資戦略コンサル経験者なのに、全然その恩恵を感じた事がない私 笑。。

記事のマトリックスは、デザインやサイエンスとの違いが分かりやすくていいとは思うものの、アートもかなりロジカルなものである事は付記しておきたいです。自由に作家が創作するというのも無くは無いけど、その時の社会批評性やアート史の踏襲と飛躍を求められるという闘いでもあります。
あ。アートと言っても現代アートですが。
アートと言った時に、近代アートと現代アートが一緒くたに話されてしまうから理解が進まないけど、その2つはもはや競技が違うから別々に話すべき。

で、昨今のアートシンキングの有用性の議論は、現代アートの話しだと思いますが、盛り上がってる今だからこそ、ビジネスへの有用性の話だけじゃなく、アート作品の読み取り方とかも記事になると嬉しいです!アートファンも増えるし、本当にビジネスに活かせる何かが得られると思います。
スティーブ・ジョブスがプレゼンの際に「アートとテクノロジーの交差点」をよく出していたのは有名な話だが、日本語に訳すと少し違和感があるかもしれない。あそこで示されていたのは、アートではなく「リベラルアーツ」だからだ。それはいわゆる文系・理系というカテゴリではない。

リベラルアーツはローマ末期に成立したと言われる7科からなる。主に言語にかかわる3科が文法、修辞学、弁証法(論理学)。4科は数学にかかわるもので、算術、幾何、天文、音楽。こうみると文系・理系両方の科目が含まれているが、これらは「学問の入り口」であり、あえて訳すなら「一般教養」と言える。ローマ時代はこの上に哲学と神学があった。

いま必要なのは「文系・理系の枠を取り払う、ないしは再定義する」ことだろう。例えば、AIやビッグデータにより、技術的に可能だが倫理的にどうなのかという議論があるとする。これを社会的にコンセンサスを得ながら進めていくためには、文理の枠を超えた幅広い見識が必要だ。ビジネスとアートとリベラルアーツが交差することで、よりよい社会をつくるための議論が深まれば良いと思う。
アートの歴史から昨今のアートとビジネスの関係、それから実際にデッサン(うまい絵)を描くメソッドを紹介する連載が始まります。
今日の記事に出てくる、暗闇画家、サイ・トゥオンブリーの落書きのような絵がサザビーズで、86億円で落札されましたが、初めてこの画家を知ったら驚きです。
やはりゼロイチ発想は、アートを例にとるとわかりやすい!
4、5回目は影を描くなど、デッサンの技術、美術鑑賞の技術を紹介してもらっていますが、こういう話を聞くと、また美術館に行きたくなります。
デザインも、アートも、テクノロジーも、サイエンスも、ゴールとしては「美」を追求するものなので、軸は違っても、同じ重みをもったものだと考えています。

自然が定義する「美」は普遍的ですが、人間が定義する「美」は、時代により、人により変化するため、その時代、その人にあった「美」の具現化が、製品でありサービスなのだと考えています。
私自身もアートを通した人材育成を(株)ホワイトシップのEGAKUとの連携で取り組んできました。言語では対立してしまうアジェンダも、非言語で表現することで乗り越えられるメリットがあります。

女性のリーダー育成においても、絵などのアートは女性の本音を表現していただく際にとても有効なツールとなっています。
問題提起と、問題解決という軸を
ロジック 感性とかけあわせての説明、
なるほど、と思いました。

ロジックー感性という提示は、必ずしも
あっていないと思うことはよくあります。それは、
ロジックそのものが、感性を触発するものでもあり、
テクノロジーが価値創造を触発することも、
デザインによる問題解決が、価値創造を引き起こすこともあるとは
思いますから。

一方、実際の場で、
限界(と思ってしまっている)状況を
打破、するときに
提示いただいている、考え方でゆさぶってみるっことは、
その状況を打破できる、可能性高いと思いました。
頭の中の引き出しを無意識化まで落とし込めたものが"感性"と呼ばれるものだと考えています。
なので、デザインはロジックによる問題解決、アートは問題提起・価値の創造に強い。

>>デザイナーはトゥオンブリーを「世の中にない表現だ、オシャレだ」と感じ取り、その発想を活用して新しいデザインを生み出したわけですね。このように、デザイナーは頭の中の引き出しにネタをためていって、それを組み合わせて問題の解決を図っています。
一方、アーティストは、自らの感性を持って表現するから、まさにゼロイチのイノベーターにふさわしい存在です。
4象限のまとめ含め、大変勉強になります。かくいう私も美術の勉強に行くことを密やかに夢見てますが、業務多忙につき見果てぬ夢となっております。こういう現実路線で流されてる時点で、既にアートではないのは分かってるのですが。
「ビジネスで必要となる「問題解決」「ロジック」「感性」「問題提起・新たな価値の創造」という4つの軸を取ると、まずテクノロジー(技術)はロジックで問題解決を図るのが役割です。また、サイエンスはロジックで問題提起・新たな価値の創造を行います。次に、デザインは感性で問題解決を図るのが役割です。そして、アートの役割は感性で問題提起をして、新たな価値を創造することです。つまりアートは「ゼロイチ」を創るという、とてもイノベーティブな役割を担っています。」(記事引用)

この分類方法の中心に存在するもの。それは物語を想像し創造する人間の本源的営み。物語創造の開花プロセスに4つの在り方が、「アート」「デザイン」「サイエンス」「テクノロジー」といえる。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。