新着Pick
414Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜ伊藤忠が一位なのに、三菱商事や三井物産ではなく、味の素やjtbといった異なる業種が続くのかが不思議です。
マス向けの就職媒体でこの手の調査すると、聞いたことがある会社ランキングになるだけなので、ランキングの中身自体、たいしたインサイトがないに等しい気がします。

ランキングの詳細見ると、地方自治体もランクアップしているそうで、銀行(メガ・地銀ともに)厳しい印象を与えているので、公務員に流れているということなのでしょうか。本文中の分析だと、民間の選考が早まって併願可能になったことが影響とコメントありますが。。

ランキングの全貌はこれ。
http://service.gakujo.ne.jp/files/7315/5262/3941/2020ranking.pdf
発表する就職メディア毎に結果が変わるのは、利用している学生の属性が明らかに異なることの裏付けです。

学情さんも、約10,000人の回答をベースに集計されています。

「調査は昨年12月から今年3月にかけ、20年春卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施し、9482人の回答を集計した」
働き方改革で労働時間施策に熱心な企業がトップ3。
伊藤忠 20時退社、味の素 16時半退社(7時間15分労働)、JTB(2015年のインタビュー当時、すでに労働時間への取り組みを進めていたhttps://president.jp/articles/woman-print/19141
なんとトランスコスモスが
就職人気企業ランキングで
昨年662位から今年は74位に浮上し、
分類されている業界
(情報・調査・コンサルティング)では堂々1位!
このカテゴリではNTTデータは81位、
アクセンチュアが103位と、
目覚ましい躍進を遂げました。

山田孝之とミーアンドスターズを設立した時は
「トランスコスモス」がTwitterでも
急上昇ワードになったりしましたし、
NewsPicksでの謎の大企業シリーズを始め、
アドテックのダイヤモンドスポンサー協賛、
スタッフにフォーカスした記事や社内大学企画、
IVSとのアクセラレータプログラム、
オウンドメディアtrans+など、
外部に対して様々な取り組みを発信してきました。

これまで黒子として活動してきた当社の
リブランディングを率いてきた立場としては
本当に嬉しいデータです(^^)
ムチャクチャwww
いかに学生にとって、会社がわけわかんない存在であるかという。
そして、企業にとっても学生のポテンシャルはわけわかんない。マジメに就職活動やらなかった身としては、よく成立してるなあと思ってしまう。情報非対称性の塊ですね。
伊藤忠商事が6年ぶりに首位。昨年まで4年連続で1位の全日本空輸は5位。企業イメージが与える影響が大きかったようだ。
シリアル&パラレルに働く時代。ただ新卒入社で入る企業にはこだわりを持つ傾向なのかな?!
いずれにしても『どこが良い』とか、判断基準は人それぞれ。
こういうランキングって大概がビッグサイトとかドームとか大きなイベント会場で取られていて、つまりはイベントに出展してる企業が意識の中に刷り込まれるやつですね。どこで何を元にとったものかも意識しなきゃですね。なのであくまでも参考までってやつですね。
まあ正直大衆の人気に興味は無い。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
3.89 兆円

業績

味の素株式会社(あじのもと、英語: Ajinomoto Co., Inc.)は、日本の食品企業。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。 ウィキペディア
時価総額
1.02 兆円

業績

株式会社学情(がくじょう)は、大阪府大阪市北区に本社をおく就職情報誌会社。 ウィキペディア
時価総額
145 億円

業績

業績