新着Pick
589Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナチュラルローソンや、100円ローソンなど、画一的なイメージのあるセブンイレブンとはちょっと違う展開をしているローソン。店によっては、かなり個性的な店にもたまに出会えます。

そんなローソンは昨年のCEATECに小売業として初めて出展し、「未来のコンビニ」を提案したことを記憶に残している方もいるでしょう。
2025年には、レジで財布をだすことなくお買い物ができる、AmazonGoのような店舗になることも見越して、そのテクノロジーをどのように店員の生産性向上や、顧客の満足に繋げていくかということにチャレンジしています。

変わろうとしているコンビニの現在の課題と未来を取り上げた特集も本日で最後です。お付き合いいただきありがとうございました。
コンビニの再定義が必要なタイミングに来ています。ローソンの竹増社長いわく「今まで我々が「良かれ」と思ってやってきたことが、実はお客様の価値観とずれていたということがわかってきました。」

オペレーションはシンプルで、なめらかに、が基本。客や店員に複雑な手間を掛けさせてはならない。まだ相当、デジタル化できるプロセスがありそうです。

アマゾンは徹底して手間を省いている。その結果生まれたのがAmazon Goや音声アシスタントのAlexaによる注文決済です。
ローソンでは40店舗が時短営業になっているとは、知りませんでした。定量感がありがたい。
この記事によれば、24時間営業に前向きなオーナーさんが圧倒的に多いとのこと。一方で東大阪の例や、それを取り巻く言説。
全国5万店のコンビニの全体感を把握する方法はないものかしら、と思ったりします。

後半で語られている店舗の改善は素晴らしいと思う一方で、社会インフラになってしまっているのでいきなり振り切った変化を遂げるのは難しいとも思います。

例えばキャッシュレスの話は↓の記事が詳しくて、ローソンは未だに83%が現金決済。なのでいきなりキャッシュレスに振ると、お客さんもオーナーさんも店員さんもついていけない。
https://newspicks.com/news/3734293/

一方で、イノベーションは改善からは生まれにくいのも確か。これがコンビニの難しいところ、そして応援したいところだと思っています。
色々な実験について触れられ、またその実験をベースにしたコミュニケーションが行われていることが伺える記事。
個人的には、スマホレジの失敗は、セルフレジの失敗と同じだと思い、やはりUXが悪い。行動を変えることは難しく、追加の行動が消費者に求められるものはよほど自然な導線にしないと普及しにくい。センサーでもRFIDでも「出るだけで決済」は、追加の行動がないので普及しやすいと思う。
既存の延長戦で戦う難しさは感じつつも、FCで加盟店オーナーがいらっしゃり、しかもインフラとしてスケールしていると、中々がらがらぽん的な言動をし辛い難しさはあるなと、主題とは逸れますが読むほどに感じました。
どこまで上手く行くかはわからないが、店舗、店員の武器になるデジタル活用が必要ですね。

まだまだお客様満足に繋がらないことも多いとは思いますが、フィットアンドギャップの繰り返しをやめてはいけないと思います。
コンビニの形も地域やその特性によって変わりつつあることが分かる記事。地域に根ざすとは地域の変化にも対応していく必要がありますね。
「今までは全国一律で変化に合わせて平準化することが成長につながってきたわけです。
でもそのモデルはもう限界にきていて、これからはエリアエリアの個店の中でも、店の様子が違っていいと思っています。」

「2025年には、いろんなタイプのコンビニがある時代になると思います。
エリアやロケーションによって、コンビニの役割が変わってくるのは間違いないでしょう。僕らが、こういうコンビニになりたいと思っているモデル店が、東京の千駄木にあるお店です。
そこのローソンは「ヘルスケアローソン」と呼んでいて、調剤薬局の窓口もあれば健康相談窓口や、介護相談窓口、コミュニケーションスペース、イートインもあります。
健康相談会をやれば、シニアから子育て中の女性も来てくれる。やっぱりローソンに行けば安心だよね、と言っていただけるというのが、コンビニの大事な部分だと思っているので、こういうお店では、デジタル化が進んでも、無人化はしないでしょう。
一方で、都会のビジネス街の店舗なら、スピード重視なので、無人店舗もありです。オフィスビルの中では、Amazon Goのような超効率的なお店が当たり前になるかもしれません。」
今回の連載は、セブンをdisって、多少ローソンを持ち上げた感じでした。
250円で少し美味しいコーヒーが欲しい
この連載について
私たちの生活に浸透する「社会のインフラ」セブン-イレブン。しかし、東大阪市のセブンオーナーが24時間営業の短縮に踏み切ったのに端を発し、コンビニ制度そのものを巡り議論が巻き起こっている。24時間365日の営業は必要か。オーナーたちが負担を強いられる、“セブン税“とも呼べる支配構造は妥当か。人口減少社会において制度疲労を起こす、コンビニの真の姿を追う。
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
6,199 億円

業績