新着Pick
472Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアル店舗のメディア化とオンラインのシームレスな体験融合はどの小売会社もまだ完全な正解は見つかっていないと思います。
ただ、先日横浜にオープンしたアソビル内に作らせてもらったMakuake Shopは初速から来場者の反応が良く、リアルとネットでの上手い体験の溶け込みの兆しを感じられています。そのリアルの町や館やフロアが持つ体験と融合する形でコンセプトメイクし出店し、元々のネットのユーザー体験とストーリーを紡げると、新しい流通の奥行きができそうな感じです。ハンズや伊勢丹や蔦屋やドコモショップなど色んな形態のリアル小売店とご一緒させていただいてますが、もちろん町や館によって体験が別々で、それ故に見えてきた点が色々あります。
百貨店がIT企業になったつもりでと記事にはありましたが、たしかにネット発でのオムニチャネル展開なので気づけることは沢山ありそうです。
富裕層向けのビジネスは、基本的にC2Bとこの記事で言われているモデルで成り立っていると思う。

> 一方、伊藤氏の言うC2Bは、消費者1人ひとりのウォンツやニーズに、ビジネスが対応していく。消費者が「個客」として、主役になるイメージだ。ITの急速な発展によって、それが可能になった。
外商は十分な差別化だと思う。酷いのはテナントの店員。教育も一律に徹底できてなければ、例えば購入したものを配送に回す際、販売はテナント、配送はデパート、と管轄が分かれてそれを紙で伝票回しで管理しているからミスが出る。ECで買えば送料無料のところを、デパートではその煩雑な手続きに時間を取られ、そして配送料も取られる。その矛盾を指摘しても答えられない。顧客体験がいわゆる人がデパートに求めるクオリティからどんどん離れている気がしますね。人がわざわざ足を運んで店に来ている、という視点からカスタマージャーニーを考える必要があるのではと思います。
失礼ながら「読みたい!」と思える書籍じゃないなぁ。
「リアル買物」のエクスペリエンスは、所有欲の解消だけでなく、ブランドロゴの入ったショッパー(買物袋)をわざわざ手に持って街を歩き、電車に乗って帰ることだったりもする。「手ぶらで帰れること」が最適解でない場合も。

また「人によっては、店員に「お似合いですね」と言ってもらわないと、購入に至らないかもしれない。もちろんリアル店舗でなければ、こうした体験はほぼ不可能だ。」このヘンこそ、時間と空間を超越、人間の五感をテクノロジーが拡張し、解決しそうだし。

そもそも「百貨店」自体のビジネスモデル(収益構造/ポートフォリオ)の限界がある(土地代と人件費/商品仕入れ構造)と、僕は思っているので、業態固執する時点で、絶滅危惧種になりそうかと。
B2CからC2Bというのは意識転換の言い回し。ただ、ECでも分かることは多いから体験的な議論が必要か「C2Bは、消費者1人ひとりのウォンツやニーズに、ビジネスが対応していく。消費者が「個客」として、主役になるイメージだ。ITの急速な発展によって、それが可能になった」
概念としては正しいですが、ノウハウの「読み替え」が、上手くできるのかがポイントですね。
これらのことより、伊勢丹メンズ館にメンズコスメのコーナーができていること、阪急メンズ東京の改装の方が気になっています。

「ギャルソン」「オフ-ホワイト」から「テンガ」まで 男の“好き”を詰め込んだ新生阪急メンズ東京を大公開
https://www.wwdjapan.com/827644
すべての店舗はインスタレーションになる😀

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
100 兆円

業績

株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
4,491 億円

業績