新着Pick
197Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
実行犯4名の内、1名はオーストラリア人で、この男性が犯行声明にあたる文章を書いて8chan(ネット掲示板)に投稿し、モスクでの犯行の模様をフェイスブックで実況中継したと見られます。
 かなり準備された犯行ですが、まだわかっていないことが多いです。集団虐殺のような行動を他の3人にさせたのはこのオーストラリア人男性なのか、他にも主犯がいるのか、わかりませんが、複数の他人に殺人を行わせるのは容易なことではありません。人数分の銃器を用意しており、複数の自動車爆弾まで用意していました。声明文は「侵略者と裏切り者を殺す」と述べており、自動車爆弾は警察を攻撃するためであったと見られます。
Facebookライブ動画は開始直後から殺人など暴力シーンを中継するケースが続出しました。BuzzFeed New の2017年6月のリポートでは、2015年12月のライブ機能導入以来、世界で少なくとも45件が発生したと伝えています。今はtwitterもInstagramも、もちろんyoutubeもライブ配信機能が強化され、犯罪の実況中継はいつどこでも起き得る状況にあります。そして今回は40人の殺害を17分間も生中継するという事態になりました。何らかの規制を求める論議が起きる可能性があります。
2008年6月、7人が殺害、10人が重軽傷を負った秋葉原の連続殺傷事件では、犯人がネット掲示板に書き込みを続けながら犯行に及び、リアルタイムの告白に衝撃が走りました。2015年4月、川崎市の多摩川河川敷で起きた少年惨殺事件では、ネットユーザーの少年が、加害少年の自宅前でテレビリポーターのようなネット中継をして驚かせました。その頃とはまるでレベルの違う深刻な世界が広がっています。
金曜礼拝の日にモスクを狙うのは相当の敵意の表れといえますが、イスラム教徒を標的にした大規模テロ、という以上の背景はまだ分かっていません。
拘束された4人が何者で、なぜイスラム教徒への憎悪を募らせ、うち1人とされるオーストラリア人がなぜNZに渡って犯行に加担したのか、そこに社会的背景があるのかそれとも個人的な事情なのか、事件の意味を考えるにはもう少し情報が必要です。
金曜礼拝のモスク内は混み合い、説教を聞くために正面を向いて座っている人たちは無防備この上ない状態です。
そこを狙うというのは、普通に考えて「卑怯」なやり方です。そういう心理状態さえ飛び越して犯行に及ぶには、相当な理由づけがあると見るのが当然でしょう。
単純な白人至上主義や差別だけが動機とは思えません。
宗教的施設でテロがあると、背後に当該宗教に反対する勢力があるものと即断される恐れがあります。

テロと宗教は別物。

一時期、「イスラム国」と名乗る手段が日本人を捕虜にしたことから、日本国内のイスラム教寺院やイスラム教徒がいわれなき迫害を受けたと聞いています。

テロはテロ。
宗教とは全く別問題であるケースがほとんどです!
最近、よく訪れる国でのこの規模のテロはとても大きなショック。NZの国内線の身体・荷物チェックはとても簡素だけど、今後は厳しくなりそう
強者ゆえの差別行動ではなく、敗北感と劣等感、自尊感情の崩壊という中で、自分の属する人種がかつて支配的な立場であったこと「だけ」に縋りつつ、そこを足場に自滅的な破壊行動に出る・・・こうした現象は政治的現象でもなく、社会心理学的な考察の対象でもなく、個別の病理として、まずは向き合うべきではないでしょうか。
第3の故郷のニュージーランドでこんな恐ろしいテロが…。
NZは警察が銃を常時携帯していないほど安全な国です。
不可解なのは理由。なぜNZなのか、そしてなぜ経済都市オークランドや首都ウェリントンではなくクライストチャーチなのか。
シンガポールのBBCではBreaking news が続いています。
この主犯とされるオーストラリア人の映像によるメッセージが流れていますが、話しがはっきりせず、信仰や狂信によるテロを起こす人物には見えませんね。
金曜日は、イスラム教の休日で、シンガポールのアラブストリートも夜になって凄い人出になりましたが、事件が話題にはなっていないようで、モスクでの金曜日の夜のお祈りも静かに始まっていました。
死亡者数がニュージーランド史上最悪の49人ですが、まだ、事件の真相は全く見えないようです。
この動画、ネット上に流れてますがうかつに見ないように気をつけてください。
特にお子さんのいる方は要注意です。