新着Pick
180Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Facebookはプロダクト品質こそが競争力の源泉。
CPO(Chief Product Officer)は最も重要なCXOのはずで、その退職は良かれ悪かれ影響が大きそう。

=参考=
FacebookのCXO一覧
CEO (Chief Executive Officer)
COO (Chief Operating Officer)
CFO (Chief Financial Officer)
CTO (Chief Technology Officer)
CPO (Chief Product Officer)
https://investor.fb.com/corporate-governance/default.aspx
ザッカーバーグ氏の右腕とみられているCPOのクリス・コックス氏が退社することが発表された。マーク・ザッカーバーグ氏は先に大きな方針転換を発表したばかりで、予想外の幹部退社となるとのこと。
両氏の退任の文脈は、英語だがTechCrunch記事(①)が分かりやすい。
コックス氏については、創業初期の2005年に入社したメンバーで、タイムラインの開発を主導した。またプレゼンテーションに優れ、Facebookの入社式で鼓舞するようなオリエンテーションでも有名(その様子は起業家がFacebookに入社した時の体験をつづった②の『サルたちの狂宴(下)フェイスブック乱闘編』に詳しい)。
ダニエルズ氏は、もともと新興国でインターネットを無料提供するInternet.orgのトップだったが、昨年5月にWhatsAppのVPとなった。ただInternet.orgが提供するアプリのFree Basicsはインドでネット中立性から禁止された(③)。WhatsAppはインドでは色々な課題も出ている中で、昨年の人事については疑問符が出ていたとある。
https://tcrn.ch/2TH1uTV
https://amzn.to/2TJB6Zx
https://nkbp.jp/2TPV2tD
ザッカーバーグは、何度か側近がFBを去っていく経験をしていますが、今回が一番実務的に痛いもののようです。
CPOの退職は、普通に考えて方針が合わなかった?

「ワッツアップ」部門のトップに昨年指名されたクリス・ダニエルズ氏も退社する。

ワッツアップについては、方針について社内でかなり意見が分かれていたらしいとのこと。

過去は、ザッカーバーグの人間性に焦点が当たったこともあったようだが、最近ではどうなのでしょうか?
最近のFBのコンプライアンスの甘さが、FBというプロダクトの自己増殖力が大き過ぎて組織で抑えられないものになってきたのか?それともザッカーバーグの人間性に起因するものなのか?
映画ソーシャルネットワークを観た者としては、この辺のFBの実態に興味があります。
岩田さんご指摘の通り、こうなってくると、次の焦点はサンドバーグですね。
この混乱を株主はどう見ているのでしょうか?ジョブズのように、創業者解任が起こりうるのがアメリカ。
FBのプライバシーに対する基本姿勢には個人的に不思議に思うことが多いですが、FBが今後P2Pのコミュニケーションツールとして秘匿性・安全性などを向上し、それを決済システムやより効果の高い広告に結びつけていくというのは、今後のモバイルアプリの方向性として間違っていないと思います。要は次のキーパーソンが出てくるのか、という点に尽きるということではないでしょうか。
大きな転換期となりました。誰が最後に正しかったのか?歴史が証明してくれるのでしょうか?
facebookのような組織においては、チームの結束力が、とても大事。

チーム力の低下は、即、プロダクトの低下につながるので、今後の影響はさけられないだろう。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
58.2 兆円

業績