新着Pick
350Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中のジョン・ジェイ氏を柳井氏に紹介したのが、知る人ぞ知る独立系のブランドコンサルタンシーであるシー・アイ・エー(CIA | the brand architect group)を率いるシー・ユー・チェン氏。記事中のユニクロ都心一号店の原宿店などもシー・アイ・エーが手がけてます。

CIAには、私も一時期、博報堂ののち、ストラテジストと在籍していました。上場前のユニクロのコンサルティングや、青山フラワーマーケットのプロデュースなどで2000年前後に名を馳せ、最近ではLCCのPeach(ピーチ)など、ブランド創造において数多くの実績を誇っています。

なお、CIAは、チェン氏が柳井氏にジョン・ジェイ氏を紹介した当時、ファーストリテイリングの経営陣だった玉塚さん(のちローソン社長、現・デジタルハーツHD社長)と澤田さん(現・ファミリーマート社長)が設立したリヴァンプ傘下となり、現在も数々のトラックレコードを築いています(https://www.cia.tokyo/)。

最近、電博出身のクリエイターやストラテジストが独立して「クリエイターによるビジネス創造」などと、あたかも新しいことのように言っていますが(例えば、https://newspicks.com/news/3537837/)既に四半世紀以上前からこういう動きはずっとあったわけで、やっとそれが市民権を得てきたのが今、なのかもしれませんね。

追記:考えてみると、クリエイターがビジネスをプロデュースするってのは、四半世紀どころか、それ以前の高度成長期もバブル期にもあった話で特に新しい話じゃないんですけどね。
海外でのユニクロのブランド力は確実に上がっていますね。
これは一朝一夕に築きあげられるものではないです。
ユニクロのブランド力は、↓に加えて、考えうる限りシンプルで、期待を裏切らない安心感ではないでしょうか?

数あるファッションブランドの中で、なぜユニクロは突き抜けることができたのか。その理由の一つには、クリエイターの活用があるのではないか──。

ZOZOTownがユニクロを意識しているそうですが、全ての面でまだまだ足元にも及ばないのではないかと改めて思います。
(記事より)
そういう「編集者」の視点で、ユニクロの服やブランドに磨きをかけてほしい。何かをつくるということは、何を選んで何を捨てるかを決める「編集」みたいなものだと思いますから。
クリエイターはどうやってメーカーと向き合うべきか(逆を言えばメーカーがクリエイターに求めているもの)がちょっとわかったような気がする記事。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
5.60 兆円

業績