新着Pick
146Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
地産地消を強くアピールしています。
投資を回収できる見込みがあるということでしょう。あるいはその決意を示したと見えます。
先の3Q会見で同社の友山副社長は、「母国日本」のために年間300万台の生産を維持する趣旨の発言を行いました。アジアでの生産強化も推進する中、世界の中での日本の位置づけをどこまで維持できるか?
手元資金に余裕のあるトヨタだからできることだと思います。金融商品のポートフォリオを組むように、万が一のためのリスクヘッジをしているように見えます。新しい工場が完成した時、大統領が誰なのかはわかりません。
関税回避のための地産地消化とはいえ、米国でも人口動態要因などから自動車需要は頭打ちとの見方も多いので、決して投資を増やすような環境にはないのですが…
GMは工場閉鎖・人員削減をするなかで、トヨタは増産投資。各社の数値比較とかはしていないが、「アメリカ・ファースト」に対して実際には一番呼応しているのがトヨタではないだろうか。
https://newspicks.com/news/3489371
このニュースは、米国との日本との間で通商協議が進みつつあることを暗示していると思います。一番矢面に立つのが日本からの輸出依存度が他社比高いトヨタでしょうから、それに対して機先を制した形ではないでしょうか。あとは北米でのCASE対応の投資をどうするかが今後の焦点だと思います。
今のトランプ政権下、トヨタとしてはこうした判断はある程度仕方ないとも言える。しかし、あくまで採算性を考えなくてはいけないからことはそう簡単ではない。悩ましい決断だろう。
製造業の雇用者確保への課題と、賃金up継続で格米国雇用関連指標は企業のコスト懸念の高まりを感じる印象。米国は味方につけたほうが良いでしょうか、にどれだけ負担増はおきうるのか気になります
トヨタが米国での生産強化で約30億ドル(約3300億円)上乗せする。投資増額によって、トヨタは2021年末までの5年間に米国に投じる資金は130億ドル近くに達する。
言う事聞いてる風に話しておいて実のところ自分の得になる事をこれ見よがしにやってるだけです。

トランプさんは大喜びです。

簡単ですねぇ。
既にトランプが歓迎のツイートをしていますね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
21.2 兆円

業績